SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

IBMとNTTデータ、キリングループ国内約14,000台のPCを仮想デスクトップ環境へ移行

 今回のシステム導入により、セキュリティーの強化とユーザーの利便性向上の両立を実現させ、業務を効率的に進められる環境を整備するとともに、ワークスタイル変革などの今後の競争力強化へ向けた仕組みづくりを支援するという。

 キリングループは、長期経営構想「キリン・グループ・ビジョン2021(KV2021)」の下、2013年から2015年の中期経営計画において情報システムの強化を施策の1つと捉えて取り組んでいる。

 グループで利用されているPCは約14,000台あり、高度なセキュリティーを確保しながら、ユーザーの利便性の向上や運用負荷の軽減などを図ることで、さらなる業務の効率化による強固な経営基盤の構築が求められていた。

 今回の導入では、キリンビジネスシステムがキリングループ全体のIT戦略を担当し、NTTデータが全体を統括し、日本IBMがシステムを構築した。対象となるPCは、持株会社のキリンホールディングも含め、国内のキリングループのPC約14,000台で、販売会社などの関連会社も含めて47社、200を超える拠点で利用している。

 従来のPC環境では、情報漏えいのリスクを回避するために社外での利用に制約があったが、アプリケーションやデータをユーザー側で保持しないシンクライアント環境に移行したことにより、セキュリティーの強化とユーザーの利便性向上の両方を実現することができたという。

 さらに、運用面においては、セキュリティー・パッチの更新などを個々のユーザーが実行する必要がなくなることで業務の効率化を図ることができ、システム全体としては一括した運用管理が確実にできるようになったとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6680 2015/03/23 14:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング