SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

テラデータ、 SAP ERPからのデータをインメモリスピードで取り込み分析可能にするソリューション

 「Teradata Analytics for SAP Solutions」は、自動的にSAP ERPアプリケーションから最新のデータを収集、転送し、統合データウェアハウス(IDW: Integrated Data Warehouse)内に格納されたSAP以外のデータと結合する。

 これにより、幅広い層のユーザーが、インメモリスピードでのTeradataインデータベース処理のパワーを活用し、レポーティングやアドホック分析、高度な分析を実行できるようになるという。

 すべてのデータがTeradata IDW内に統合されれば、ユーザーは追加設定することなく、150種類以上の「Teradata Analytics for SAP Solutions」ダッシュボードがすぐに利用でき、財務会計、支出分析、製造業務などの主要カテゴリに分類された標準のビジネス・レポートも活用できるようになるという。

 また、インメモリスピードで実行される1,000種類以上のSAS Institute、Fuzzy Logix、Rのインデータベース分析関数へのアクセスも利用できる。さらに、ウェアハウス内の詳細データすべてにセルフ・サービスでアクセスし、ツールを使ったカスタム・レポートの作成や分析を適用することも可能になるとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6697 2015/03/27 15:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング