EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2015年の国内IT市場は東京都、近畿以外は全てマイナス成長――IDCが地域別IT市場を予測

  2015/07/27 16:00

 IDC Japanは、国内IT市場(官公庁、教育、一般消費者を除いた国内IT市場)の2015年~2019年の地域別市場予測を発表した。2015年の国内IT市場において、大都市圏とそれ以外の地域間の二極化は、円安の進展により量的、質的両側面においてさらに広がっているという。

 2015年は、前年のPC更新需要反動の影響により、東京と近畿地方以外は全てマイナス成長となる。特に北陸新幹線に伴う市場拡大が一段落する北陸/甲信越地方、生産拠点の海外移転が進む中国/四国地方、九州/沖縄地方において、IT支出が伸び悩む。

 円安の進展は、2015年は、東京を中心とした首都圏、名古屋、大阪、福岡などの大都市圏に多く立地する輸出比率の高い大企業では、業績がプラスとなりIT投資が増える一方、それ以外の地域では、原材料費の高騰により業績が圧迫されている企業が多く、2015年のIT支出をほぼ止めてしまっている中小企業も出ている。

 公共部門は、大都市圏以外の地域において、特にマイナンバー対応後にいかに地域活性化にITを活かすことができるかが鍵となる。IDC Japan ITスペンディンググループマネージャーの廣瀬弥生氏は「企業向け市場においては、業績が改善した大企業の多い大都市圏中心に第3のプラットフォームによる戦略的ICTソリューションへのニーズが増える一方、それ以外の地域では、地域活性化をもたらす第3のプラットフォームを活用した公共ソリューションが市場をけん引する必要がある」と分析している。

参考資料:国内IT市場 地域別前年比成長率予測:2014年~2018年(作成:IDC Japan)  

 今回の発表の詳細は、IDCが発行したレポート「国内IT市場地域別 2014年の実績と2015年~2019年の予測」にまとめられている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5