EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2014年の国内プライベートクラウド市場は前年比42.4%増の6,196億円――IDCが発表

  2015/09/09 15:00

 IDC Japanは、国内プライベートクラウド市場予測を発表した。これによると、2014年の国内プライベートクラウド市場規模は、前年比42.4%増の6,196億円となった。また、2019年の市場規模は、2014年比3.0倍の1兆8,601億円と予測している。

 IDCでは、国内プライベートクラウド市場を「オンプレミスプライベートクラウド」、ホスティング型プライベートクラウドである「デディケイテッドプライベートクラウドサービス(DPC)」、および「コミュニティクラウドサービス」の配備モデル別に分類して調査している。

2016年にはオンプレミスプライベートクラウドは50%を下回る

 2014年の国内プライベートクラウド市場における配備モデル別支出額割合では、オンプレミスプライベートクラウドが58.2%を占めている。

 国内プライベートクラウド市場は、すべての配備モデルにおいて成長を継続。また、ベンダーがITリソース資産を所有し、プライベートクラウドをサービスとして提供するDPCおよびコミュニティクラウドサービスの成長は著しく、2016年には、オンプレミスプライベートクラウドの配備モデル別支出額割合は50%を下回るとIDCは予測している。

ハイブリッドクラウドのハブ機能や事業拡大基盤としての役割が成長をけん引

 現在、プライベートクラウドに対するユーザーの期待は、ITあるいは業務の効率化となっている。一方、パブリッククラウドに対するユーザーの期待は、すでに効率化だけでなく、事業拡大(ビジネスイノベーション)へと拡がりつつある。

 このような中、ビジネスイノベーションはパブリッククラウド、信頼/安定性が重要な業務(IT)はプライベートクラウドといった風潮が見られる。また、パブリッククラウドと、プライベートクラウドを連携させるハイブリッドクラウドにも高い注目が集まっている。

 ハイブリッドクラウドでは、複数のクラウドを統合管理するとともに、ITガバナンスの強化が必要であり、ハイブリッドクラウドの「ハブ」としての機能がプライベートクラウドにおいて重要となっている。

 プライベートクラウドの価値は効率化だけではなく、今後、産業に特化したソリューションが強化され、ビジネスイノベーションを支える基盤として発展するとIDCはみている。

 IDC Japan ITサービス リサーチマネージャーの松本聡氏は、「現在、プライベートクラウドでは高信頼/効率化に対する注目度が高いが、これだけではベンダー間の差別化が難しい。ベンダーの長期的な 事業戦略には、イノベーションを支えるテクノロジーの導入と、ユーザーの理解と応用を促す産業特化型ソリューションが重要となる」と分析している。

参考資料:国内プライベートクラウド市場 配備モデル別支出額予測、2014年~2019年(作成:IDC Japan)  

 今回の発表について詳細は、IDCが発行したレポート「国内プライベートクラウド市場 2014年の実績と2015年~2019年の予測」にまとめてられている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5