EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

EMCジャパン、エントリーレベルのSAN向けブロックストレージアレイ「EMC VNXe1600」

  2015/09/29 15:20

 EMCジャパンは、エントリーレベルのSAN市場向けに構築したブロックストレージアレイ「EMC VNXe1600」を9月29日から提供すると発表した。

 「VNXe1600」は、従来の「VNXe」シリーズの使いやすさを継承し、中堅・中小企業のほか、支社、リモートオフィス、部門レベルなどのアプリケーションの要件に応える、シンプルかつ効率性と信頼性に優れたストレージソリューションだという。

 「VNXe1600」は、全てをSSDで構成することで、最高のパフォーマンスを引き出すとともに、ハイブリッドフラッシュアレイとして構成し、ディスクのコスト効率とフラッシュのパフォーマンスを活かすことも可能だという。

 いずれの場合も、エントリーレベルのブロックベースアプリケーション環境で、バランスの取れた持続的なパフォーマンスを提供するとしている。

 「VNXe1600」は、高密度な2U構成から始め、最大200台のドライブ(または400TB)まで、容易にスケールアップすることが可能。また、ファイバーチャネル接続やiSCSIオフロードパフォーマンスを実現するiSCSI(IPv4/6)接続など、導入に際して最大限の柔軟性を実現するホスト接続オプションを提供する。

 「VNXe1600」は、エンタープライズストレージソフトウェアおよびデータサービスを活用し、次のようなソフトウェア環境を提供する。

  • 次世代のストレージ管理プラットフォームである「EMC Unisphere」および「Unisphere Central」
  • モニタリング/レポーティング(第4四半期にサポート開始)
  • マルチコアを最適化する「EMC MCx」およびパフォーマンスを加速させる「FAST Cache」
  • シンプロビジョニング
  • ネイティブブロックスナップショット
  • 非同期的ブロックレプリケーション
  • VMwareおよびMicrosoftとの仮想化の最適化
  • 「Unisphere」の統合サービス エコシステム
  • 「EMC PowerPath」マルチパス管理(オプション)

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5