EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

デル、Software-Definedストレージ強化で「Dell XC」シリーズの3モデルを発表

  2015/11/10 16:20

 デルは、Dell PowerEdgeサーバ上にNutanix社のWebスケールソフトウェアを統合したSoftware-Definedストレージソリューション「Dell XC Webスケール・コンバージド・アプライアンス(Dell XCシリーズ)」のラインアップを拡充し、新たに「Dell XC6320/XC730-16G/XC430-4」の3モデルを11月10日から提供すると発表した。

 「Dell XCシリーズ」は、コンピューティングとストレージ機能を1台のシャーシに統合しており、データセンター内での高速な導入を可能にし、プロセスデスクトップ仮想化、データベース、プライベートクラウドなどのプロジェクトで発生する複数の仮想ワークロードを処理できるように設計されている。

 運用面の利点として、ノードごとにデータセンターの容量を簡単に拡張でき、組織の成長に合わせて柔軟に投資を行えるスケールアウト環境を実現できるという。

 「Dell XCシリーズ」は、シンプルかつ合理的なITを実現するため、個々のLUN、ボリューム、またはRAIDグループを管理するのではなく、各ワークロードのニーズに基づいたポリシーを使用して、仮想環境VMレベルで管理できるようにしている。

 さらに、Nutanix Distributed File System(NDFS)によりすべてのノードに搭載されたSSDとHDDを効率的に利用し、高パフォーマンスと可用性の実現を可能にしている。

 また、「Dell XCシリーズ」には、デルのグローバルなサービスおよびサポートが付属しているほか、特定の仮想ワークロード用に事前構成されていることで、ノードやディスクが故障した場合にもデータの可用性を維持すされるよう設計されているという。

 発表された「Dell XCシリーズ」の3モデルは次のとおり。

 ・XC6320:高密度コンピューティングおよびストレージ環境、サービスプロバイダ、プライベートクラウド向け

 ・XC730-16G:グラフィックスを多用するワークロードとイメージベースのアプリケーションを使用するナレッジワーカー向けのVDI

 ・XC430-4:小規模な仮想環境向けにバランスの取れたコンピューティングおよびストレージ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5