SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

マーケター・経営層向け定期購読誌『MarkeZine』が創刊

 2006年5月にデジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を伝えるWebメディアとして誕生したMarkeZine。現在では、会員数は18万人を超え(2016年1月時点)、日本最大級のマーケター向け専門メディアとして、情報を発信している。

 今回、「一つひとつの情報を知るだけでなく、それぞれの情報を繋げて潮流を理解したい」「広告・マーケ業界の動向を1冊でキャッチアップできる雑誌が欲しい」といった読者のニーズに応えて、定期購読型サービスを開始することとなった。

 『MarkeZine』では、Webでは読むことのできないオリジナルコンテンツや独占取材記事や連載を掲載。激変する広告・マーケティング領域の最新のトレンドや潮流を体系的に伝えていく。広告・マーケティング担当者をはじめ、毎日情報収集する時間がない経営層、関連部署間の共通理解を深めたい経営・情報システム・営業などにも役立つ内容となっている。今後は、定期購読者向けに、雑誌だけでなく、限定セミナーやデータダウンロードサービス、ネットワーキングの機会など、様々なサービスを随時提供していく予定。

 毎月25日発行。年間購読料は48,600円(税込み)。  
 http://www.seshop.com/product/detail/18482/ にて購読申し込み可能を受け付けている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7653 2016/01/25 20:42

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング