SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

先端技術研究所、イスラエルYazamTech社と販売契約締結、ファイルの無害化・洗浄ソフトを販売開始

 サニタイゼーション(無害化)は、インターネットから内部ネットワークへ入ってくるファイルに対し、アンチウィルスで削除できなかった脅威、ゼロ デイ攻撃に対応することで、内部ネットワークをAPT(持続的標的型攻撃)から保護する。

 ロンダリング(洗浄)は、内部ネットワークからインターネットに出て行くファイルに対し、人の目による検査に加えて、強度のコンテントフィルタリングにより、DLP(データ漏洩防止)を実現するとしている。

 フィルタリングの対象となるファイル形式には、Word、Excel、PowerPoint、PDF、テキスト、イメージ、アーカイブ、HTML、XML、サウンド、CAD、GIS、CRL、メッセージ等が含まれる。

 各種タイプのファイル、ファイル システム ファイル、Eメール、Web、FTP、MFT、Secure Browsing、Digital Vault等、一般的アプリケーションにより転送されたファイルをフィルタする。

 フィルタリングのセッションごとに、複数のアンチウィルスのスキャニングを追加できる。Avast、AVG、Avira、ClamWin、ESET - NOD32、F-Secure、Kaspersky、McAfee、Microsoft Defender、Microsoft Security Essentials、Sophos、Symantec、Trend Micro、13ベンダのアンチウィルスのエンジンがサポートされている。エンジン間の干渉はなく、従来のアンチウィルスでスキャンした後、スキャンできなかった脅威をフィルタすることができるという。

 「SelectorIT」のエンジンは、ローカル、リモートにインストールできる。「SelectorIT」のクライアントには、インタラクティブ、自動的フィルタリングを可能にする数種類の標準クライアントがあり、Microsoft Exchange、Microsoft Outlook等のEメール、Webサービス等、サードパーティのクライアントはAPI経由で接続されるという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7717 2016/02/09 14:10

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング