SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アドテック、クラウド監視型サイバー攻撃対策システム「ノースサイバーセキュリティ」を販売

 「NCS」は、DDoS攻撃やブルートフォースアタックといった、サーバに対して悪意を持った外部からの不正なアクセスや侵入を検知すると、そのアクセスを遮断するサービス。

 「NCS」は、サイバー攻撃から防御した際に「防御証明」を発行する。「防御証明」のメールには、攻撃から防御した日時、防御した攻撃の種別、攻撃元のIPアドレスなどが記載されており、該当するサイバー攻撃を検知・防御できたことを伝えるという。

 「NCS」の主な特徴は次のとおり。

 (1) クラウド型サービス(SaaS)なので、面倒な運用・保守管理作業は一切不要。シンガポールを中心とした技術者が、数百人体制で全世界の攻撃元IPアドレスや攻撃シグネチャーの情報を集積し、常に最新のものに更新。

 (2) 高額なセキュリティ製品にも匹敵する広い防御範囲にもかかわらず、導入費用は不要。固定のランニング費用のみで利用可能。

 (3) 導入にあたってサーバを停止する必要がない。また、サーバにインストールするエージェントプログラムは、容量が800KB程度と小さく、このサービスを利用してもサーバにかかる負荷は1%未満。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7721 2016/02/10 13:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング