Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アプレッソ、IoT時代に向け機能強化した「DataSpider Servista」最新版を発表

  2016/02/19 18:00

 アプレッソは、データ連携ソフトウェアの最新バージョン「DataSpider Servista V4」を、2月24日から提供することを発表した。最新版は、各IoTサービスとの連携機能の強化、クラウドサービスをハイブリッドに活用できる接続アダプタの拡充、IoT連携に求められる大容量データの高速処理機構の実装に加えて、ITをより効果的に活用できるエンドユーザーコンピューティング(EUC)を支援する機能を強化するなど、IoT連携プラットフォームに必要な機能を提供する。

 「DataSpider Servista V4」は、IoT時代に向けたさまざまな機能の強化を行った。さらに、多くの現場のユーザーが使い慣れたExcelとの連携を強化するなど、現場のユーザーが自ら身近なITをより効果的に活用できるようEUCを支援する機能を強化するなど、次の時代に求められるデータ連携プラットフォームとしての機能を提供するという。

 「DataSpider Servista 4.0」では主に次に機能が強化された。さらに、IoT時代のデータ連携ツールとしての機能強化を進めるため、Amazon Web ServicesやMicrosoft Azure との連携機能の強化などを予定しているという。

 ・AWS IoT対応:Amazon DynamoDBアダプタ/ Amazon Kinesisトリガー(この2機能によりAWS IoTのデータとの連携が可能に)

 ・グローバル対応:日本語・英語OSサポート、クライアントの言語切り替えが可能に

 ・ユーザービリティ強化:DataSpider Studio for Web高速化(プロジェクトロード時間やMapperエディタのスクロール速度の改善)/ グローバルスキーマ機能/呼び出し先スクリプトを直接開く機能

 ・既存アダプタ機能強化:データベースアダプタ(フェッチサイズ・バッチサイズ設定追加、最新バージョン対応)/ Adapter for Microsoft Dynamics AX(パーテションコントロール、抽出定義ファイル)/ kintoneアダプタ(レコード追加処理にUPSERT機能を追加)/ Excelアダプタ(セル指定読み取り処理、ブックとシートの保護処理、シート・行・列の表示・非表示処理、セルの書式・コメント設定機能の追加)

 ・「DataSpider Servista 4.0 SP1」(6月提供予定)の新機能:マルチストリームコンバータ(MSC)(新エンジン採用により集計・結合・ソートを高速化。結合処理は、従来のバージョンより10~15倍のパフォーマンス向上)/ Microsoft Azureアダプタ機能拡張(DocumentDB、HDInsight、Queue Storageへの対応)

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5