EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

国内WANサービス市場でパブリッククラウド関連が急成長――IDCが発表

  2016/03/03 14:30

 IDC Japanは、通信事業者が法人向けに提供するWAN(Wide-Area Network)サービスの国内市場予測と市場シェアを発表した。現在、クラウド型サービスの利用が増えているため、ユーザー企業のパブリッククラウドへの接続のためのWAN回線利用や、クラウド型サービス事業者のデータセンター間接続回線などの利用が増加している。そのため、今回初めて、パブリッククラウド用途のWANサービス市場規模と、事業者データセンター間接続用途のWANサービス市場規模の予測を行ったという。

 パブリッククラウド用途のWANサービス市場は、2015年の市場規模が58億円、前年比成長率65.0%と急速に成長している。また、国内事業者データセンター間接続用途のWANサービス市場規模も、2015年の市場規模が98億円、前年比成長率15.5%と順調に成長している。これらは、国内WANサービス市場全体の2015年の市場規模が7,031億円、前年比成長率マイナス0.1%であることを考えると、小規模ながらも急成長しているセグメントといえる。

 また、パブリッククラウドやデータセンター間接続にも多く用いられるイーサネット専用線市場では、NTTコミュニ ケーションズやKDDIといった大手通信事業者以外に、Coltテクノロジーサービス(売上額シェア12.1%)、アルテリア・ネットワークス(同10.8%)、TOKAIコミュニケーションズ(同5.4%)のような中堅通信事業者が健闘している。

 こうした中堅事業者が、サービス事業者向けに広帯域回線を積極的に提供してきたことが、この背景にあるとIDCではみている。これらの中堅事業者は、パブリッククラウド接続でも早い時期からリーズナブルな価格で回線を提供し、市場の認知を得ている。

 IDC Japan コミュニケーションズ シニアマーケットアナリストの小野陽子氏は、「パブリッククラウドなどのサービス利用の拡大に伴いWANサービス市場の構造変化が始まっている。通信事業者は、急成長しているサービスプロバイダーの迅速な帯域増強ニーズを支援するなど、サービスプロバイダーへのエンゲージメントを強化すべきである。また企業向けには、パブリッククラウドへのオンデマンド接続などWANサービスの高度化を図るべきである」と述べている。

参考資料:国内イーサネット専用線サービス市場事業者別売上額シェア:2015年(作成:IDC Japan)  

 今回の発表は、IDCが発行したレポー ト「国内通信サービス市場予測、2016年~2020年:WANのクラウド接続市場の拡大」「国内WANサービス市場シェア、2015年」にその詳細が報告されている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5