EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ミラクル・リナックスと日本仮想化技術、OpenStack事業強化を目的に資本提携

  2016/03/07 15:00

 ミラクル・リナックスは、オープンソースのクラウド技術である「OpenStack」の導入支援やコンサルティングを手掛ける日本仮想化技術(VTJ)と資本提携した。これは、VTJが行う増資の一部としてミラクル・リナックスが出資するもので、OpenStackを中心としたクラウド基盤の構築・運用に関するソリューションの開発、およびコンサルティングやサポートサービス提供力の強化を図るためだとしている。

 VTJは、OpenStackを中心とする仮想化技術に特化した独立系のテクノロジー・カンパニーで、クラウド技術に関する調査研究や、OpenStackの導入支援やコンサルティングを手掛け、通信事業社を中心に数多くの実績があるという。また、2016年2月には、主にクラウド基盤の構築と技術の検証活動を目的に「OpenStack 共同検証ラボ」の設立を発表している。

 ミラクル・リナックスは、VTJとともに、OpenStackと統合システム監視ソフト「MIRACLE ZBX」や運用統合ソフト「Hatohol」を連携して、オープンソースを活用したクラウド基盤の運用監視について、共同検証を実施し、技術文書の共同作成・公開や技術セミナーなど、さまざまな協業を行ってきた。

 今回の資本提携により、OpenStack関連の最新情報の収集や検証体制を強化し、VTJのOpenStack技術とミラクル・リナックスのLinux OS、および「Hatohol」や「MIRACLE ZBX」を組み合わせたソリューションやコンサルティング、サポートサービスの提供を推進していくという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5