Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

プロアクシアコンサルティング、Azureベースの企業向けクラウド型ストレージ・アプリケーションを発表

  2016/03/22 13:15

 プロアクシアコンサルティングは、クラウドストレージを安全・便利に使用するために、Microsoft Azureベースのクラウド型ストレージ・アプリケーション「Cloud Storage Light」と、SharePointの機能を補完する同製品の機能拡張版を、3月22日から販売開始する。

 「Cloud Storage Light」の機能と特徴は次のとおり。

 1. 安心のデータストレージ:データの保管には、Azureのストレージを利用し、特別なオプションなしで、最低3つのストレージにデータを安全に保管。さらに、地理冗長ストレージ(GRS=Geo Redundant Storage)を利用すると数100キロ離れたデータセンタにも3つのコピーを保管可能。

 2. 自動パスワード設定/コンテンツ保護機能:セキュリティを確保するための仕組みを多数用意。通信の暗号化・データの暗号化に加え、ダウンロード時のパスワード自動付与や、コンテンツ保護(Microsoft RMS)の機能が用意され、多彩な仕組みでセキュリティを確保可能。

 3. ストレージを統合するハブ機能:自身のクラウドストレージの機能にさまざまなストレージを統合。Azure Blob以外にファイルサーバーやSharePoint上のファイル、OneDriveを統合して1つのストレージに見せることができ、全文検索やアクセス権設定、セキュリティ機能を提供。

 4. 直接ファイル操作が可能なエクスプローラ機能:ブラウザ経由で利用するPC、スマートフォン、タブレット用の使いやすいインタフェースを装備。さらに、PC上で使い慣れたファイルエクスプローラ風のアプリケーションから、ダウンロードやアップロードをすることなく直接ファイルの操作が可能。

 5. SharePoint Onlineアドイン版を用意:ストレージハブ機能で統合可能なストレージとしてSharePointと連携を強化した「Cloud Storage Light for SharePoint」版を用意。SharePoint Onlineからシームレスに利用でき、Webパーツから自社のファイルサーバーにアクセスが可能。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5