SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

プロアクシアコンサルティング、Azureベースの企業向けクラウド型ストレージ・アプリケーションを発表

 「Cloud Storage Light」の機能と特徴は次のとおり。

 1. 安心のデータストレージ:データの保管には、Azureのストレージを利用し、特別なオプションなしで、最低3つのストレージにデータを安全に保管。さらに、地理冗長ストレージ(GRS=Geo Redundant Storage)を利用すると数100キロ離れたデータセンタにも3つのコピーを保管可能。

 2. 自動パスワード設定/コンテンツ保護機能:セキュリティを確保するための仕組みを多数用意。通信の暗号化・データの暗号化に加え、ダウンロード時のパスワード自動付与や、コンテンツ保護(Microsoft RMS)の機能が用意され、多彩な仕組みでセキュリティを確保可能。

 3. ストレージを統合するハブ機能:自身のクラウドストレージの機能にさまざまなストレージを統合。Azure Blob以外にファイルサーバーやSharePoint上のファイル、OneDriveを統合して1つのストレージに見せることができ、全文検索やアクセス権設定、セキュリティ機能を提供。

 4. 直接ファイル操作が可能なエクスプローラ機能:ブラウザ経由で利用するPC、スマートフォン、タブレット用の使いやすいインタフェースを装備。さらに、PC上で使い慣れたファイルエクスプローラ風のアプリケーションから、ダウンロードやアップロードをすることなく直接ファイルの操作が可能。

 5. SharePoint Onlineアドイン版を用意:ストレージハブ機能で統合可能なストレージとしてSharePointと連携を強化した「Cloud Storage Light for SharePoint」版を用意。SharePoint Onlineからシームレスに利用でき、Webパーツから自社のファイルサーバーにアクセスが可能。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7855 2016/03/22 13:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング