Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NEC、「Azure RMS」を利用してファイルを自動で暗号化する情報漏えい対策ソフトウェアを発売

  2016/03/24 14:30

 NECは、「Azure RMS」と連携し社内のさまざまなファイルを自動で暗号化する情報漏えい対策ソフトウェア「InfoCage FileShell V3.0」を3月24日から販売すると発表した。NECでは、日本マイクロソフトと協業し、「Azure RMS」との連携を強化することで、ファイル暗号化システムの導入コストの削減と外部との安全な情報共有を実現するとしている。

 この製品は、マイクロソフトのクラウドサービス「Azure Active Directory Rights Management」(Azure RMS)と新たに連携した。これにより、「Microsoft Office 365」利用企業はオンプレミス構成に比べ、コストを抑えたファイル暗号化システムの導入が可能になるという。

 また、外部に誤って送信したファイルを遠隔消去する機能を新たに搭載し、情報漏えいに対する備えも強化している。

 「InfoCage FileShell V3.0」の特徴は次のとおり。

 1. 「Azure RMS」との連携を強化

 ユーザIDの管理機能や認証機能を有したクラウドサービス「Azure RMS」と連携することで、「Office 365」利用企業はオンプレミスでのシステム構築に比べ、コストを抑えたファイル暗号化システムの導入が可能。

  2.外部との安全な情報共有を実現

 「持出閲覧形式保護オプション」を追加することで、取引先などの外部のユーザと暗号化したファイルの共有が可能。閲覧専用ツールを利用することで、共有された暗号化ファイルを閲覧可能。また、利用者が誤って第三者にファイルを送付した場合や、誤ったファイルを送付した場合でも、遠隔で暗号化ファイルを削除可能。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5