Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

A10、業界で初めて集約型セキュリティソリューションを統合した「Thunder CFW」を提供

  2016/03/28 15:30

 A10ネットワークスは、アプリケーションサービスゲートウェイThunderシリーズの新しい製品ラインとして、複数の集約型セキュリティソリューションを業界で初めて統合した ハイパフォーマンスセキュリティプラットフォーム「Thunder CFW(Convergent Firewall)」 を、3月28日から日本市場で提供することを発表した。「Thunder CFW」製品ラインは、フラッグシップモデル「Thunder 7440(S) CFW」を含む、8種のアプライアンスで提供される。

 「Thunder CFW」は、独自の「ACOS(Advanced Core Operating System)Harmonyプラットフォーム」上で構成されており、大企業やモバイル通信事業者、データセンター向けに、セキュリティとアプリケーションネットワーキングに必要な機能を単一アプライアンスに集約した、これまでにない新しい分野のセキュリティプラットフォームだという。

 「Thunder CFW」は、次の4つの集約型セキュリティソリューションを統合している。

 ・大企業向け「セキュアWebゲートウェイ」:

 明示型プロキシ(Explicit Proxy)、URLフィルタリング、SSL通信可視化機能(SSLインサイト)が統合された高性能なセキュアWebゲートウェイ。URLクラシフィケーション機能により、130億件以上のURLを83のカテゴリーに分類し、悪意のあるWebサイトへのアクセスを監視、ブロックすることができる。

 また、優れたSSLトラフィックの可視化機能により、シングルパスでのSSL復号処理と可視化を複数のセキュリティデバイスに対して実行し、SSL通信を含むトラフィック全体の検査・攻撃防御を可能にする。

 ・モバイル通信事業者向け「Gi/SGiファイアウォール」:

 DDoS防御機能とIPv4枯渇対策/IPv6移行機能 (CGN) が統合されたGi/SGiファイアウォール機能。1台で最大220Gbpsのスループットを実現し、IoTや5Gデータサービス時代の到来により増加し続けるセキュリティ上の脅威から、モバイル通信事業者のLTEインフラを保護。

 ・データセンター向け「データセンターファイアウォール (DC FW)」:

 DDoS防御機能とアプリケーション配信(ADC)機能が統合されたハイパフォーマンスなデータセンター向けファイアウォール機能。レイヤー4のステートフルファイアウォールおよびレイヤー7のアプリケーションレベルゲートウェイ(ALG)を提供。ネットワークやWebアプリケーション上の脅威やマルチベクトル型DDoS攻撃からデータセンターアプリケーションを保護。

 ・サイト間IPSec VPN:

 サイト間のアプリケーショントラフィックを、IPSec VPNで保護することにより、グローバル企業がパブリックネットワークを使用してアプリケーショントラフィックをセキュアに転送可能。IPSecやファイアウォール、ロードバランシングを1Uの筐体に統合し、100Gbps以上のトラフィックを暗号化することができる。高速な暗号化処理により、クラウドとのハイブリッド構成にも対応可能。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5