Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

インフォテリアが米「CData Software」と提携、日本法人を設立

  2016/03/28 20:00

 インフォテリア株式会社は、CData Software, Incと事業提携し、両社の共同出資による日本法人「CData Software Japan株式会社」を新たに設立すると発表した。

写真左からCData Software Japan株式会社 疋田圭介氏/CData Software,Inc. Founder&President Gent Hito氏/
インフォテリア株式会社 代表取締役社長 CEO 平野洋一郎氏/インフォテリア株式会社 ASTERIA事業本部長 熊谷晋氏

 CData SoftwareはデータベースおよびAPIへのリアルタイム接続のための60以上のドライバーを提供している。これまでも日本では、パートナーによる販売をおこなってきたが、今回は初めてOEMパートナーとしてインフォテリアを選んだ。

 「リアルタイムな接続の連携をODBC/JDBC接続などエンジニアが慣れ親しんだデータベースの形でわかりやすいデータベース接続のためのドライバとして提供していく」(CData Softwareプレジデント、Gent Hito氏)

 今回の提携と日本法人の設立によって、インフォテリアはこれまでの主力製品であるEAI/データ連携ツール「ASTERIA WARP」の接続先のシステムを一気に60社以上拡大できるという。世界中の多様なシステム連携が可能となるとともに、日本法人設立によって日本独自のシステムとの接続ドライバも提供されていくという。

 CData Software Japan株式会社の社長には疋田圭介氏が就任。本社所在地は仙台。「ASTERIA WARPも連携先を圧倒的に拡大することができる。CDataによってPayPalやFacebookなどのような、フィンテックやソーシャルのデータとエンタープライズシステムとの連携も可能になるだろう」(インフォテリア 平野洋一郎社長)

 インフォテリアによるCDataのOEM製品の出荷は5月を予定している。

CDataが提供するデータソース

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5