SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

チェック・ポイント、セキュリティ管理を簡素化する新プラットフォーム「R80」を発表

 「R80」セキュリティ管理プラットフォームは、セキュリティのあらゆる側面を統合する統一的なセキュリティ・アプローチを採用しており、強力なセキュリティを組織全体にわたって効率よく展開できるという。その柱となるのは、次の3点だという。

 ・「1コンソール、1ポリシー」を実現

 境界、データセンター、クラウド環境を単一のコンソールで管理できるため、インフラストラクチャ全体にわたって一貫性のある強力なセキュリティが実現。ポリシー管理の効率化と詳細な可視化が可能となるほか、複数の管理者が同じポリシーを同時並行で安全に管理できるようになる。

 ・ビジネス・プロセスやネットワーク・アーキテクチャに合わせてセキュリティを最適化

 「R80」でセキュリティ・ポリシーを管理しやすい複数の単位に分割すれば、長期にわたるセキュリティ管理が効率化する。セキュリティ・プロセスをITプロセスに合わせて最適化することも可能で、セキュリティ担当者がより重要な作業に専念するために、一部作業をビジネス担当者に任せるセキュリティのセルフ・サービスが実現する。

 ・脅威管理の統合によりネットワーク全体のリスクを一元的に把握

 ネットワークのセキュリティ状況を完全に可視化できるため、発生した攻撃に素早く対応して二次攻撃を阻止できる。監視、ロギング、レポーティング、イベント相関分析の結果はすべて、カスタマイズに対応したグラフィカルなダッシュボードに取り込まれる。

 ダッシュボードでは、1~2回のクリックでイベントをドリルダウンし、トラブルシューティングの実施が可能になり、経営幹部からテクノロジー・ベンダーの担当者に至るまで、多様な関係者向けのカスタム・レポートも柔軟に作成できる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7992 2016/04/25 15:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング