SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

インサイトテクノロジー、PostgreSQL対応の最新版データベース監査ツール「PISO」を提供

 PostgreSQLは、従来の商用データベースと比べ低コストでの運用が可能であり、情報系のシステムで採用が進んできた。ミッションクリティカルシステムに必要な機能が揃い始めたことから、多くの企業で採用が進む一方、個人情報や機密情報など重要性の高いデータを扱うことによるデータベースセキュリティ強化が課題となってきたという。

 「PISO」は、Oracle、Microsoft SQL Server、Fujitsu Symfowareのデータベースに対応しているが、今回、顧客等からの要望によりPostgreSQL対応を実現したという。近年、マルチデータベース化が進む環境に対応するため、異なるデータベース、異なるバージョンであっても、そのログフォーマット、取得項目などを意識せずに運用することが可能になるという。

 また、「PISO」を導入することで、J-SOXやPCI DSSといった各種法規制に対応するためのデータアクセス監査の実現や、リアルタイム監視機能による内部情報漏洩の抑止と不正アクセス検知を実現することができる。今後、「PISO」はさらに対応データベースを増やし、2016年度中にはMySQLにも対応を予定しているとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8329 2016/08/01 14:10

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング