SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

KSKアナリティクス、Google発のAIオープンソース「TensorFlow」によるデータ分析支援

 「TensorFlow」は、米Googleを中心に開発が進むAI(人工知能)のソフトウェア。オープンソースであるため誰でも自由に使うことができ、機械学習/ディープラーニング/多層ニューラルネットワークの各種ライブラリが含まれる。また、データフローグラフを使用したライブラリにより、複雑なネットワークをわかりやすく記述できるという。

 KSKアナリティクスの最新のアナリティクスに精通したデータサイエンティストや分析エンジニアにより、「TensorFlow」を用いた機械学習/ディープラーニングのビジネス企画、コンサルティングから開発・実装、運用サポートまでをトータルに支援するとしている。

 「TensorFlow」日本語サイトは、「TensorFlow」に関するさまざまな情報を提供するサイトであり、「TensorFlow」の製品概要、操作方法や各種サービス、参考情報などを閲覧できる。今後は、日本語版ダウンロードやマニュアル等のドキュメントやケーススタディ等を充実させ、「TensorFlow」の国内サービスサイトとして運営していくという。

 KSKアナリティクスは、Pentaho(ビジネスアナリティクス)、Jedox(経営業績管理)、NYSOL(大規模データ解析)、RapidMiner(データマイニング)、Revolution Analytics(統計解析)、Cloudera(Hadoop)など、オープンソースを中心としたデータ分析ソフトウェアの販売、技術サポートを提供している。

 また、これらの製品を組み合わせたROIの高いアジャイル型データ分析コンサルティング、IoT・ビッグデータに関するシステム開発、分析スキル向上のための教育研修等により、多様なデータ活用の取り組みを支援している。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8370 2016/08/10 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング