SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アプリとインフラ管理の統合サービス「New Relic Infrastructure」を提供開始

 New Relicは、これまでも「New Relic Servers」というサーバー監視製品を提供していたが、「Infrastructure」は現在のインフラ環境、ユーザーニーズにあった変化の激しいインフラ環境に対応したさまざまな機能を提供しているという。

 「Infrastructure」は、New Relicが提唱するDigital Intelligence Platformのキーとなる最後のパーツであり、この製品によりカスタマーエクスペリエンス(New Relic Browser/Mobile/Synthetics)、アプリケーション(APM)、インフラ(Infrastructure)と、ソフトウェアに関するあらゆる領域を可視化、分析できる環境が整ったとしている。

 これらの製品データをダッシュボードツールである「New Relic Insights」で総合的に表示することで、たった1つのダッシュボードでフロントからサーバーまですべての環境のデータを表示、分析できるようになるという。

 現在のインフラ環境は動的に増減し、アプリケーションには絶えず変更が加わり、日々デプロイされているが、「Infrastructure」により運用チームがこれらの環境をより詳細に制御できるようにするという。

 ・さまざまな環境に合わせてスケールでき、適応できるようになります。クラウド、マイクロサービス、コンテナ、従来のサーバーなどのあらゆる組み合わせに合わせて対応でき、スケールも可能。ダッシュボードとアラートシステムは、動的に変わるインフラに合わせて自動的に調整されるため、インフラの変更に合わせて手動で設定をし直す必要がない。

 ・自信を持って迅速にデプロイできるようになる。「Infrastructure」は、システムにおける構成の変更と現在システムが正常さを示すメトリクスを関連付ける。これにより、インフラの全ホストを対象とした検索機能を使って、不正な構成を探し出すことができるため、問題を迅速に検出し、解決できるようなる。

 「Infrastructure」の契約形態は、EssentialsとProfessionalの2バージョンが用意されている。

 Essentialは、構成変更、検索機能付きインベントリ、動的なアラートとダッシュボードなど、ダイナミックなインフラの監視機能と、3か月分のデータ保持機能がある。Professionalは、Essentialsが提供する機能に加え、外部製品との統合機能がある。

 現在はAWSの各種サービスが対象で、今後AWS以外にも増えていく予定だ。さらに、データ保持期間は、13か月間となり、1年前のパフォーマンスとの比較もできるようになっている。また、どちらもAWS EC2およびDockerをサポートしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8731 2016/11/28 15:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング