EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ベリタス、AWSでのアプリケーション移行最適化とデータ保護簡素化の機能を強化したソリューションを発表

  2016/12/13 16:15

 ベリタステクノロジーは、Amazon Web Services (AWS) 環境へのエンタープライズアプリケーションの移行を最適化し、データ保護を簡素化するために機能を強化した「Veritas InfoScale」と「Veritas NetBackup」によるソリューションを発表した。

 「Veritas InfoScale」は、クラウド対応のSDS(ソフトウェアデファインドストレージ)を提供し、アプリケーションのパフォーマンス、拡張性、俊敏性のレベルを維持可能にする製品ファミリーになる。

 最新版である「Veritas InfoScale 7.2」では、AWS上のブロックストレージをサポートし、AWS上でも、オンプレミスと同じようにストレージ管理が可能になった。また、最新版「Veritas NetBackup 8.0」で新たに実装されたクラウド連携機能である「NetBackup for AMI(Amazon Machine Image)」により、AWS を用いたデータ保護を簡素化する。

 「Veritas InfoScale」 は、エンタープライズアプリケーションのパフォーマンス、拡張性、俊敏性を維持したAWSへの移行を支援し、ストレージ管理を効率化するという。さらに、「Veritas NetBackup」の新しいAMIを利用することで、データの保護を簡素化できるとしている。

 「Veritas NetBackup」 は、クラウドだけでなく物理環境や仮想環境を含むすべてのワークロードを一元的に保護する包括的なソリューションを提供するという。

 これらのソリューションにより、ベリタスのクラウドデータ管理ソリューションに最新機能が加わり、データのガバナンスから保護、移行、ディザスタリカバリまで、AWSの活用範囲がさらに広がりるという。また、これにより、ベリタスのデータ管理ソリューションが、すべての主要分野においてクラウド対応を果たしたことになる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5