SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

パスロジ、トークンレス・ワンタイムパスワードの「PassLogic」が「Box」で利用可能に

 Boxでは、社内ネットワークからのアクセスだけでなく、外出先や自宅からのアクセスや、社外の取引先や顧客によるアクセスを認め、機動的な運用をすることが、クラウド上にあるコンテンツマネジメントプラットフォームの利点として期待されている。

 この運用を実現するために、Boxのログインページには誰でもアクセスすることができ、メールアドレス(ID)とパスワードで認証する方式となっている。これはクラウドサービスとしての利点でもあるが、二要素認証などを活用しない限り、不正なアクセスを防ぐ認証方式は「パスワード」だけであり、「パスワードの使いまわし」「単純なパスワードの利用」といったパスワード運用の弱点がつきまとう。

 今回の連携ソリューションは、不正アクセスなどのセキュリティ懸念から、クラウドの利用を積極的に進められなかった企業、既にBoxを利用していてさらにセキュリティ対策を講じたいと考える企業に対して、トークンを利用しないワンタイムパスワードによるセキュリティ強化を可能にするという。

 また、IDプロビジョニングにも対応しており、PassLogic/OTPプラットフォーム側でユーザ情報を追加すれば、そのユーザ情報が自動的にBox側にも反映される仕組みとなっている。

 「PassLogic」は、「パスロジック認証」方式により、ハードウェアトークンやソフトウェアトークンなどの認証用デバイスを必要とせず、Webブラウザだけで強固なワンタイムパスワードを利用できる本人認証システムになる。社内システムやクラウドサービスの認証に利用することで、場所と端末を限定せずに、業務システムへの認証を強化し、不正アクセスをシャットアウトする。

 LDAPによるID管理サービスとの同期や、複数の業務システムへのシングルサインオンやアクセスコントロール機能も搭載しており、組織の業務システムの認証強化と業務・管理効率アップをワンストップで実現するという。

「PassLogic」による認証強化の概念図  

 「パスロジック認証」は、ブラウザ上に表示される乱数表の中から、利用者ごとに設定されている“位置”および“順番”(シークレットパターン)に沿って数字を抽出し、つなげることでパスワードを生成する仕組み。乱数表を表示するたびに表内の数字が変わるため、パスワードとなる数字も毎回変わり、ワンタイムパスワードとなる。第3者が乱数表を見ても数字を抽出する位置がわからなければ、パスワードを判別できない。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8811 2016/12/20 14:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング