SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

自治体向けソリューション市場、20年度までのCAGR1.3%で6,360億円へ――矢野経済研究所調査

1. 2015年度の市場規模は前年度比3.2%増の6,297億円

 ・2014年度は、個人番号利用・個人番号カード交付の社会保障・税番号制度(マイナンバー)への対応の必要性から、各地方自治体は、個別の状況に応じてマイナンバー制度への準備を開始し、2014年度の自治体向けソリューション市場規模は前年度比4.8%増の6,102億円となった。一方、マイナンバー制度への対応方針が決まらないことなどにより対応が遅れる自治体や、システム設計の段階で留まっている自治体も多かった。

 ・2015年度は、2015年10月に国民へマイナンバーが通知され、前年度同様にマイナンバー制度対応のための案件受託が増加した。また、総務省から「統一的な基準による地方公会計マニュアル」が公表され、地方自治体において「地方公会計標準ソフトウェア」導入準備など新地方公会計制度対応が進められた。

 さらに、総務省の自治体情報セキュリティ対策検討チームによる報告「新たな自治 体情報セキュリティ対策の抜本的強化に向けて」において、情報セキュリティ対策の抜本的強化が求められ、具体的な指針として「自治体情報システム強靭性向上モデル」と「自治体情報セキュリティクラウドの構築」が示されたことで、セキュリティへの対策需要が増加した。こうした複数の需要により、2015年度の同市場規模は、前年度比3.2%増の6,297億円となった。

 ・2016年度は、前年度同様に新地方公会計制度対応と情報セキュリティ対策の抜本的強化に関連する案件が増加している。また、国民健康保険の運営主体が市町村から都道府県へ移管されることに伴い、「国保保険者標準事務処理システム」(都道府県、市町村、国民健康保険団体連合会が運用する各電算処理システムの総称)の開発案件も増えているため、2016年度の同市場規模は、前年度比2.0%増の6,425億円となる見込みである。

2. クラウド化が進むことで自治体におけるシステム運用コストの削減が進む

 ・2017年度は、新地方公会計制度対応や情報セキュリティ対策の抜本的強化、国保保険者標準事務処理システムに関わるシステム改修を前年度内に実施できなかった地方自治体が、システムの改修に取り組んでいくと見込まれるため、2017年度の自治体向けソリューション市場規模は前年度比0.5%増の 6,457億円と前年度並みの市場規模を維持すると予測する。

 ・2017年度~2020年度は、マイナンバー関連では、2017年1月にマイナポータルがオープンし、7月には国・地方自治体のオンラインでのマイナンバーを活用した情報連携、2018年には健康保険証とマイナンバーカードの一体化が予定されており、マイナンバーの利活用により新たなサービスが創出されていき、それに伴って地方自治体のシステム開発が進められていくと予測する。

 また、システム運用に関わるBPO需要の拡大や、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた公共インフラの老朽化への対応、訪日外国人客の増加による観光関連やセキュリティ対策の強化などが、中長期的な需要拡大要因として期待できる。

 ・一方、中小規模のみならず大規模な地方自治体でもクラウド活用が検討されており、今後クラウド化が進むことで自治体におけるシステム運用コストの削減が進んでいくと考える。そのため、2017年度から2020年度では同市場規模はほぼ横這いの推移になると予測する。

 ・2013年度から2020年度までの自治体向けソリューション市場の年平均成長率(CAGR)は1.3%で推移し、2020年度の同市場規模は6,360億円になると予測する。

図1:自治体向けソリューション市場規模推移予測  

 なお、発表について詳しくは、矢野経済研究所が発行したレポート「自治体向けソリューション市場の実態と展望 2017」にまとめられている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8964 2017/02/14 16:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング