SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

JBサービスと米Lastline社が高度な標的型攻撃対策サービスを中堅・中小企業向けに提供

 今回の協業では、Lastline社が提供する独自のマルウェア検出と情報漏えい防止の技術を活用した標的型攻撃対策ソリューションを、JBサービスが運用センターSMAC(Solution Management and Access Center)を活用して提供する。中堅・中小企業のみならず多店舗・多拠点に展開する企業が対象となる。

 JBグループのSMACには、セキュリティに特化した運用監視センターSOC(Security Operation Center)が設置されており、日々顧客環境の監視をするとともに、万一のアラート発生時には標的型攻撃への対応やマルウェアの分析に加えて、JBサービスの全国拠点網と連携してオンサイトでのサポートにも対応している。

 また、Lastline社は、サービス開発技術者が直接JBサービスの技術員に技術支援や解析のノウハウの提供・共有をするとともに、共同セミナーなどのプロモーションもLastline社の日本法人が支援する。

 協業により今後提供される予定のサービスは次のとおり。

 ・インシデント対応支援サービス:従来の対策では検知が難しかった脅威の検知や具体的な対応方法などを案内し、企業のインシデント対応を強力に支援。

 ・次世代ファイアウォール連携サービス:インシデント対応サービスで検知した脅威情報をもとに、企業が利用する次世代FWに対し、適切な対策を実施し、リアルタイムに企業の環境を保護。

 ・プロキシ連携サービス:プロキシ機器とThreat Sensorを連携し、HTTP/HTTPSダウンロードを一次保留させ、安全が確認できるまでファイルのダウンロードを制限。

 ・エンドポイント連携サービス:Threat Sensorとエンドポイントに導入するセキュリティ製品を連携し、ThreatSensorで検知した悪意のあるファイルなどをエンドポイン側でブロック。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8985 2017/02/22 15:15

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング