SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日立システムズ、サーバーライセンス・同時利用アクセスライセンスなどの適正化を支援するサービスを提供

 このサービスは、IT資産管理・ライセンス管理「License Guard」のラインアップの1つとして、ソフトウェアライセンス管理分野で世界的に多くの実績を持つフレクセラ・ソフトウェアの製品を活用し、ライセンス管理業務を支援・代行するサービスになる。企業はこのサービスを導入することにより、利用しているソフトウェアのライセンスが適正化され、ライセンス自体に掛かるコストや監査時の対応コストなどの削減を見込むことができるという。

 「ITコスト削減」を行うための見直し対象の1つとして、サーバーソフトウェアのライセンス費用および保守費用がある。例えば、主にCADやPLMソフトウェアなどに利用されるフローティングライセンスでは、利用者が使いたいときに使えるように、企業は比較的余裕をもってライセンスを購入しているケースがあるという。

 また、ERPソフトウェアなどのユーザーライセンスについても、従業員の異動や退職を加味せずに、新規ライセンスを定期的に購入してしまい、不要な費用として計上されているケースも少なくない。さらに、昨今では仮想化やクラウド技術を使用した環境構築に注目が高まっており、複数の物理サーバーを集約して利用する場合や、マルチベンダー化したシステムに対するソフトウェアライセンスの集約・適正化も課題となっている。

 こうした背景の下、日立システムズは、IT資産管理・ライセンス管理「License Guard」のラインアップを強化するという。IBM、Microsoft、Oracle、SAPなど各主要ベンダーのソフトウェア製品のライセンス最適化を支援する「サーバーライセンス管理サービス」や、主にCADやPLMなどのソフトウェア製品に適用されているフローティングライセンスの利用状況をリアルタイムで把握し、最適化を支援する「フローティングライセンス管理サービス」を追加する。

 また、各ライセンスにおいて、企業が保有しているライセンスや利用状況を確認し、レポートとして報告するなど、ライセンス管理の運用を代行する「サーバーライセンス見える化運用サービス」「フローティングライセンス見える化運用サービス」の提供も開始する。

 さらに、日立システムズが今回新たに提供開始したサービスと、従来から提供しているサーバー運用やマルチベンダー保守などの各種サービスを組み合わせて提供し、サーバーライフサイクル管理を代行することも可能だという。

 今回、ラインアップに追加されたサービスは次のとおり。

 ・「サーバーライセンス管理サービス」

 「FlexNet Manager for Server」を用い、各サーバーライセンスを管理するサービス。保有ライセンスと利用ライセンスの確実な把握を実現する。また、各ベンダーの監査の際に活用可能なレポート生成機能も備えている。さらに、ハードウェアの環境設定/仮想マシンのホスト間移動/新しいソフトウェア製品のインストールなどの作業をシミュレーションすることで、変更後のライセンス状態を想定し、事前にコストを把握することができる。

 ・「サーバーライセンス管理見える化運用サービス」

 サーバーライセンス管理サービスのオプションサービスとして、定期的にサーバーライセンスの保有・利用状況などを確認し報告。

 ・「フローティングライセンス管理サービス」

 「FlexNet Manager for Engineering Applications」を用い、主にCADやPLMなどのソフトウェアに適用される「フローティングライセンス」を管理するサービス。これにより、リアルタイムに実際の利用状況が把握できる。利用状況に応じたライセンス保守登録が可能となり、コスト削減とコンプライアンス順守を実現。

 ・「フローティングライセンス見える化運用サービス」

 フローティングライセンス管理サービスのオプションサービスとして、定期的にフローティングライセンスの保有・利用状況などを確認し報告。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/9092 2017/03/28 14:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング