SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

MKI、マネージド型ネットワークサービス「M-ANVO」の提供開始

 このサービスは、通信事業者や機器ベンダーを限定しないマルチキャリア(通信回線の契約)、マルチベンダー(ネットワーク機器の構築)、運用保守サービス(ネットワークの運用・保守・監視)をワンストップのマネージドサービスとして提供することで、企業のシステム担当者の運用負荷や運用コストの削減を提案するという。運用保守業務の外部委託を検討している企業や、国内外問わず多くの拠点を持つグローバル企業等への提供を目指す。

 「M-ANVO」ではWAN、クラウドサービス接続、IoT通信網、ネットワーク・セキュリティ機器などを通信事業者や機器ベンダーを問わず最適な組み合わせで企業に提供する。また、MKIネットワークオペレーションセンター(NoC)による回線やネットワーク全体の運用・保守・監視サービスを併せて提供することで、企業のシステム担当者の運用保守業務負荷を軽減し、新たなIT戦略策定など、企画・設計レベルの業務へシフトすることを支援するとしている。

 ■M-ANVOのオプションサービスの例

  • M-ANVO SD-WAN:キャリアやベンダーに依存せず、用途やニーズに合わせて最適な回線プランを提供。
  • M-ANVO 雲ちょく(クラウドエクスチェンジ):主要なパブリッククラウドサービスと企業システムを閉域網で接続し、無駄な接続ロスを削減し、セキュアで高品質なクラウド接続サービスを提供。
  • M-ANVO IoT:IoTを活用したビッグデータ分析で必要となるデバイス(LTEモジュールや低価格なデータSIM等)から、見える化(情報の可視化)、分析までトータルで提供。
  • M-ANVO CDN:クラウド上でのDDoS攻撃対策やWAF機能など、高いセキュリティを備えた高性能なCDNサービスを提供。
  • M-ANVO Proxy:パブリッククラウドサービスを運用負荷や設備投資を抑えながら、より快適に利用できるソリューションを提供。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/9115 2017/03/31 15:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング