SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本IBM、アプリケーション開発を支援する「IBM Watsonを活用した次世代超高速開発」を発表

 「IBM Watsonを活用した次世代超高速開発」は、プロジェクト管理を支援する「コグニティブPMO」と、アプリケーション開発とアプリケーション保守を支援する「統合リポジトリー&ツール」で構成される。「コグニティブPMO」と「統合リポジトリー&ツール」は4月24日からサービスを提供する。

 「IBM Watsonを活用した次世代超高速開発」は、従来の高速開発で重点を置いていたアプリケーション開発領域をさらに進化させるだけでなく、アプリケーション保守やプロジェクト管理の領域も含めてシステム開発・保守サイクル全体の超高速化を実現するという。

 ・プロジェクト管理を支援する「コグニティブPMO」

 プロジェクト管理を支援するソリューションは、質問応答、プロジェクト状況の可視化とレポート、品質やリスクの予測を行う「コグニティブPMO」。質問応答は、IBM Watsonの自然言語分類機能と対話機能を使ったチャットボットで、回答者の回答探索や応答の負担を軽減し、質問者はいつでも回答を得られる。

 プロジェクト状況の可視化とレポートは、プロジェクトで作成される進捗管理表、課題管理表などからデータを取り込み、プロジェクト状況を視覚的に表示し、標準レポートとして出力することができる。品質やリスクの予測は、プロジェクト状況の可視化によって蓄積された情報を活用して品質の変化とリスクの出現を予測し、またAIを活用して過去のプロジェクト実績や課題履歴といった膨大なビッグデータの中から有用な知見を抽出して精度の高い予測が可能となるす。「コグニティブPMO」を活用することにより、プロジェクト管理コストを約30%効率化できると見込んでいる。

 ・アプリケーション開発を支援する「統合リポジトリー&ツール」

 アプリケーション開発を支援するソリューションは、自動化ツールを活用した要件・設計・作成・ビルド・デプロイ・テストを支援する「統合リポジトリー&ツール」になる。「統合リポジトリー&ツール」は、要件や設計仕様をデータとしてリポジトリーに登録・一元管理し、設計仕様間の整合性やトレーサビリティを自動チェックする。整合性が保証された設計仕様からプログラムのソースコードを自動生成し、連続してビルドが自動実行され、さらにテスト環境や本番環境に自動デプロイすることが可能だ。

 生成された画面は、多種多様なスマート・デバイスの画面サイズに合わせて動的に調整される。ユーザーは早いフェーズから動く画面と機能を確認することが可能となり、早期に画面や機能の修正を行うことができる。特に早いリリースが求められるスマート・デバイス用アプリケーションなどのフロントエンドシステムの開発においては、このようにすぐに動く実行モジュールを自動生成できることが必須となっている。

 また、バックエンドシステム開発については、メインフレーム用アプリケーション部品の自動生成機能やコーディングレスでのAPI(Application Programming Interface)生成機能を「統合リポジトリー&ツール」の個別機能として提供する。

 「統合リポジトリー&ツール」はアプリケーション保守の領域も対象とし、影響分析や障害予測を支援する。影響分析は、プログラム構造全体の可視化とシステム変更が影響を及ぼすポイントの探索をサポートし、迅速な変更要求への対応が可能となる。障害予測は、AIを活用することで蓄積された稼働実績データおよび障害履歴データなどのビッグデータの中から有用な知見を抽出し、精度の高い障害予測を可能とする。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/9211 2017/04/25 15:34

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング