SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本IBM、メインフレームとストレージを高速に接続する新しいインターフェースを発表

 メインフレームで日常的に処理されている業務トランザクション・データを用いて機械学習を始めとした高度な分析をメインフレーム上で行うことは、重要な基幹データからリアルタイムにビジネス成長へとつながる知見を引き出すために有効だという。大量なデータを安全かつ迅速に分析するためにはメインフレームの性能だけでなく、そのデータを格納するストレージにも高速なトランザクションが求められている。

 「IBM zHyperLink」は、メインフレームとストレージに搭載された新設計の専用アダプター間を光ファイバー・ケーブルで接続することにより、現行のファイバー・コネクションで「z13」と接続した場合と比較して、データ・アクセスのパフォーマンスを10倍に向上、アプリケーションの応答時間を半分に短縮したという。

 「IBM zHyperLink」でメインフレームとの間のデータ移動をさらに高速化することにより、「IBM Z」が提供する価値である機械学習の活用による新たな価値創造を、ストレージの側面から力強く支援していくとしている。

 また、6月にはIBMのオールフラッシュ・ストレージ製品群「IBM DS8880F」に、クラウドとの間のデータ移動を自動的に行う機能であるTransparent Cloud Tieringが導入された。この機能はメインフレームユーザーがIBM Bluemix、IBM Cloud Object Storage、Amazon S3などとのハイブリッド・クラウド環境において、最も合理的な場所にデータを保管・管理することを可能にしており、「IBM Z」のもう1つの価値であるクラウドとのスムーズな連携をストレージ面から強化しているという。

 「IBM zHyperLink」は現在、最新のメインフレーム製品「IBM z14」と最新のオールフラッシュ・ストレージ製品「IBM DS8886F」との組み合わせにおいて利用可能だ。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/9590 2017/07/26 15:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング