SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ネットワールド、低レイテンシー・低コストのSDNパッケージ「Cumulus One」提供開始

 データセンターやパブリッククラウド事業者はもちろん、プライベートクラウドやハイブリッドクラウドを構築する多くの企業でも、より高パフォーマンスで拡張性の高いネットワークが必要とされている。

 また、昨今はさらに、HCI(ハイパーコンバージド・インフラストラクチャー)の導入加速により、リクエストに対して複数台のサーバーから同時に応答があるため、大量のリクエスト発生時に、ミリ秒単位の一瞬の間に、爆発的に通信データ量が増大する“マイクロバースト”と呼ばれる現象が継続的に起こりやすい環境になっているという。

 通信の遅延や品質の低下につながるマイクロバーストは、スイッチのチップ性能の限界にも大きく起因する。また、マイクロバーストは、ミリ秒単位でのネットワークトラフィックを測定していなければ発見できないという課題もある。

 「Cumulus One」にバンドルされる「Cumulus Linux」は、LinuxベースのネットワークOSのため、周辺ツールやハードウェア含め、低コストで拡張性の高いネットワークを実現できるという。

 「Cumulus Linux」を稼働させる「Mellanox Spectrum」ベアメタルスイッチは、パケットロスが発生せず、低レイテンシーを誇る独自開発のネットワーク処理用ASIC(特定用途向けIC)である「Mellanox Spectrum」を搭載した高速イーサネットスイッチになる。

 これらを組み合わせた「Cumulus One」は、ネットワークの遅延のマイクロ(百万分の一)秒単位での可視化、マイクロバーストの検知やボトルネックの特定も可能で、導入コストと運用コストを同時に削減できる、高パフォーマンスで、費用対効果の高いネットワークインフラを実現できるとしている。

 ■SDNパッケージ「Cumulus One」の構成

  • Mellanox Spectrum 40GbE 1U switch QSFP28 ports 1台
  • スイッチ用電源ケーブル 2本
  • Cumulus Linux v3.3 1ライセンス
  • 上記製品群の1年の保守

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/9595 2017/07/27 13:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング