Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

富士通とPivotal、リーンスタートアップ、アジャイル開発などクラウドネイティブ基盤を活用したサービスを提供

  2018/05/10 14:30

 富士通とPivotalジャパンは、パートナーシップ契約「Pivotal Ready Partner Program」を締結し、デジタルビジネス領域で協業することに合意したと発表した。この協業により、富士通は、2018年度第2四半期より、アジャイル開発と親和性の高いクラウドネイティブ基盤ソフトウェア「Pivotal Cloud Foundry(PCF)」を活用したインテグレーションサービスの提供を開始する。また2018年度下期には、アジャイル開発手法などを用いて、新たなサービスや事業を顧客企業と共に開発する場として「富士通アジャイルラボ(仮称)」を開設する。

 富士通とPivotalは、「富士通アジャイルラボ(仮称)」を通じて、SoR(Systems of Record)とSoE(Systems of Engagement)を統合するシステムインテグレーションの機動力を高め、日本企業のデジタル革新を強力に推進するとしている。

 富士通は、4月にPivotalが提供するアジャイル開発サービス「Pivotal Labs」を採用し、アジャイル開発人材の育成を強化した。さらに、このほど両社はパートナーシップ契約「Pivotal Ready Partner Program」を締結し、企業のデジタルトランスフォーメーションを加速させるために次の取り組みを実施していくという。

今後の取り組み

 1. クラウドネイティブ基盤ソフトウェア「Pivotal Cloud Foundry」を活用したインテグレーションサービスの提供

 アジャイル開発と親和性が高く、世界のエンタープライズ企業に多くの導入実績を誇る「PCF」を活用したインテグレーションサービスの提供を2018年度第2四半期より開始。「PCF」を活用することで、市場の新たな要求に応えるデジタルサービスの短期開発を実現する。これにより企業は、ビジネスを動かすアプリケーションを継続的に改善しながら開発と運用を含むライフサイクル全般における俊敏性を実現する。

 2. 新たなサービスや事業を顧客企業と共に開発する場「富士通アジャイルラボ(仮称)」の設立

  • 場所:富士通ソリューションスクエア(東京都大田区蒲田)
  • 時期:2018年度下期
  • 内容:リーンスタートアップ、アジャイル開発手法を用いて、SoRとSoEのアプリケーションを顧客企業と共に開発。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5