Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

富士通エフ・アイ・ピー、Azureを利用するSaaS事業者向けにLGWAN中継サービスを提供開始

  2018/11/20 15:00

 富士通エフ・アイ・ピーは、SaaS事業者のLGWAN(Local Government Wide Area Network:地方公共団体向け閉域ネットワーク)上へのサービス展開を可能にする中継サービス「FUJITSU マネージド・インフラ・サービス LGWAN-ASP/アプリケーションゲートウェイサービス」の提供を2019年1月から開始すると発表した。このサービスは、日本マイクロソフトとの連携により、クラウドプラットフォームMicrosoft Azureの利用者であるSaaS事業者に展開するという。

 このサービスにより、SaaS事業者は既存のSaaS環境を利用し、LGWAN上でのサービス展開を行うことができるため、追加投資や導入・運用・保守の負担を軽減したうえで、ビジネス領域の拡大が可能になる。

 自治体にとっては、セキュリティ強靭化ポリシーに準拠しつつ、Microsoft Azureなどの幅広いクラウド上のサービスを利用することができる。富士通エフ・アイ・ピーは今後、日本マイクロソフトや富士通をはじめとした他のIaaSやSaaSベンダーとも連携し、自治体がより多くのソリューションを選択できるようLGWAN上のサービス拡充に努めるとしている。

「LGWAN-ASP/アプリケーションゲートウェイサービス」の特徴

 1. 投資コストの抑制

 本来、LGWAN上でサービスを提供するためには、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)のLGWAN-ASPに関する規定に準拠したIaaS環境上でアプリケーションを構築する必要がある。しかし、「LGWAN-ASP/アプリケーションゲートウェイサービス」の中継機能により既存のSaaS環境を活用できるため、二重投資の必要なく自治体へのサービス展開が可能。

 2. 簡単・安心の導入

 LGWAN-ASP関連規定に準拠したアプリケーションの再構築が不要な上、サービス提供に必要なLGWAN-ASP登録申請も同社がサポート。さらに、事前にLGWAN上でのサービス提供の可否が確認できる評価用ツールも提供するなど、LGWAN上で初めてサービス提供するSaaS事業者も安心して利用可能。

 3. 運用・保守の負担軽減

 LGWAN上で新たにアプリケーションの再構築が不要なため、既存のSaaS環境とLGWAN環境という2つの環境の管理が不要。アプリケーションの運用と保守は既存のSaaS環境でのみ行えばよいため、効率的な運用・保守を実現し、SaaS事業者の負担を軽減。

 4. ビジネス領域の拡大

 SaaS事業者が民間企業に提供する既存のSaaS環境を活用して、民間企業向けと同様のサービスを、全国の自治体に対してLGWAN経由で提供することが可能となる。自治体へのサービス展開を可能にし、SaaS事業者のビジネス領域の拡大を実現。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5