Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ネットワンシステムズ、マルチクラウドで一元的なセキュリティ強化・管理を実現する3つのセキュリティサービスを発表

  2019/03/28 13:30

 ネットワンシステムズは、マルチクラウドの活用を加速する3つのセキュリティサービスを、4月より提供開始すると発表した。これらのサービスは、(1) クラウドの内部、(2) クラウドへの外部からの攻撃、(3) 利用者からクラウドへの接続、の各領域での堅牢なセキュリティ対策で構成され、マルチクラウド環境で一元的なセキュリティ強化・管理を実現するという。

 発表されたのは、次の3つのセキュリティサービスになる。

 1. クラウド内部のセキュリティリスクを可視化する「クラウドガバナンスサービス」

 情報漏えいにつながる設定の不備、各種の業界コンプライアンス基準とのギャップ、利用者の不審な振る舞い等のセキュリティリスクを可視化することで、クラウド内部のガバナンスを強化。複数のクラウドを同時に管理下に置くことが可能で、一元的な強化を実現。

 2. クラウドへの外部からの攻撃を常時監視する「MSS for Cloud」

 クラウドに設置した次世代型仮想ファイアウォールを常時監視することで、サイバー攻撃やマルウェア感染端末の通信を検出して遮断。複数のクラウドに対して、同一セキュリティポリシーによる境界監視を実現。

 3. 利用者がクラウドへ安全に接続可能にする「MSS for GPCS」

 拠点からクラウドへの直接接続(ローカルブレイクアウト)を安全にするクラウド型ファイアウォールを常時監視することで、セキュリティインシデントを迅速に検出。複数のクラウドへの多様なアクセス経路に対して、同一セキュリティポリシーを適用。

 ネットワンシステムズは、ネットワーク技術をコアとして、オンプレミス環境の整備からクラウドの活用推進まで支援している。今回のセキュリティサービスを既存ソリューションに融合することで、分散したセキュリティ制御ポイントにおける一元的な脅威の可視化・制御を実現するとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5