Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

エフセキュア、マネージド検知/対応(MDR)サービス「F-Secure Countercept」を国内提供開始

  2019/06/19 14:15

 エフセキュアは、フラッグシップのマネージド検知/対応サービス (MDR:Managed Detection & Response) となる「F-Secure Countercept」の日本での提供を開始すると発表した。

 「F-Secure Countercept」は、エフセキュアが2018年に買収した英MWR Infosecurityがヨーロッパを中心に展開していたMDRサービスであり、日本でも金融/製薬/エネルギー/インフラなどの、セキュリティがクリティカルとなる、ユーザ数の多い企業を中心に提供を開始するという。

 「F-Secure Countercept」は、最新のテクノロジーと高度に熟練したスレットハンティングとインシデントレスポンスのチームとの組合せによる、包括的なリアルタイムのMDRサービスになる。

 自動攻撃ではない、直接のハンズオンキーボード攻撃を行うサイバー攻撃者(国家から支援を受けるハッカー、サイバー犯罪者グループ、ハクティビストなど)から、主にセキュリティがクリティカルとなる金融/エネルギー/社会インフラなどの業界の企業を防御するという。

 このサービスの中核となるスレットハンティングのチームは、攻撃者の考え方を熟知しており、攻撃者の次の動きを予測し異常な行動を探り、データサイエンティストのようなハンティング、専門家としての対応とマルウェアの分析/リバース、そしておよびAPTのような攻撃の検出/対応/封じ込めを行う。

 スレットインテリジェンス、最新のレッドチーム演習、公的/私的なリサーチ、そして誤検知を排除するための既知の攻撃者の行動など、F-Secure Counterceptプラットフォームを利用してエフセキュア社内外の幅広いセキュリティコミュニティからの情報を取り込み、エンドポイント/ログ/センサー/Office 365など、組織全体から豊富なデータを継続的に収集および分析するという。

「F-Secure Countercept」の概念図

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5