Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

企業がコンテナ・Kubernetesを使うべき理由とその課題を解決するOpenShift

edited by Operation Online   2020/02/06 08:00

 デジタル化で生まれるデータを活用し、ビジネスに新たな価値をもたらす。それにはソフトウェアやサービスをスピーディーに開発し効率良く運用することが鍵となる。その技術として極めて高い期待が寄せられているのが「コンテナ」だ。しかし、その実体が市場に正確に伝わっていない側面もある。また、利用したくても運用ノウハウがなく、躊躇するケースが少なくない。そうした課題やその解決策となるプラットフォームなどについて、日本IBM クラウド・テクニカル・セールス ソリューション・アーキテクトの高良真穗氏に聞いた。

大企業もコンテナの活用を始めている

 日本のコンテナ普及の状況を見ても、利用はまだ限定的だ。本番環境でコンテナを活用しているのは、Yahoo!やサイバーエージェントなど一部インターネットでビジネスを行っている企業だ。これら企業には頻繁にコンテンツやアプリケーションを改変、更新するニーズがあり、アジャイル開発やDevOpsにいち早く取り組んでいる。その取り組みの中で、コンテナが生産性向上に大きく貢献している。

 もう1つ、アプリケーションの可用性向上でもコンテナは注目を集めている。Yahoo!のようなインターネットでサービスを行う企業にとって、サービス停止はブランドイメージを損ないビジネスへの負のインパクトも大きい。また彼らのサービスに接続されるデバイスは今や莫大で、それに対応するインフラには大きな拡張性も求められる。これら要件に最適なのがコンテナであり、コンテナ・オーケストレーションシステムの「Kubernetes」だ。

日本IBM クラウド・テクニカル・セールス ソリューション・アーキテクト 高良真穗氏
日本IBM クラウド・テクニカル・セールス ソリューション・アーキテクト 高良真穗氏

 ところで、ITインフラの可用性や拡張性の確保は、長年にわたり企業の情報システム部門が取り組んできた課題でもある。新しい技術のコンテナ、Kubernetesを用いて、企業が求める可用性や拡張性を実現できるのか。それがよく分からないのが現状だ。さらに企業には、これまでオンプレミスで運用してきた基幹系システムがある。この基幹系システムはモノリシックなアーキテクチャで、規模が大きなものが多い。これを作り直しマイクロサービス化してコンテナに対応させるべきか。そもそも基幹系システムには、速いペースで改変や更新を行う必要がないものも多い。この辺りもはっきりしないまま、次世代ITインフラとしてコンテナ、Kubernetesが大きな注目を集めている。

 一方で、ネット業界から離れても、既にコンテナの活用を検討し始めている大手企業もある。例えば、航空会社ではチケット発券アプリケーションの使い勝手を向上させ、利用者の満足度を継続的に上げる必要がある。またチケット発券の仕組みは、停止すればすぐにユーザー離脱にもつながる。これら課題解決にはコンテナ技術が適しているのだ。自動車メーカーもクルマを製造し販売するビジネスから、「移動」をサービス化する取り組みを始めている。その変化の中、基幹系システム周りの仕組みをスマートフォンに対応させたりIoTと連携させたりする必要があり、そのインフラにもコンテナ、Kubernetesが最適だ。とはいえニーズはあっても、ミッションクリティカルなシステムをコンテナ、Kubernetesで高い可用性で安心して動かせるのか。そのためのノウハウがまだ、企業には蓄積されていないのだ。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリストとして、クラウド、データベース、ビッグデータ活用などをキーワードに、エンタープライズIT関連の取材、執筆を行っている。

バックナンバー

連載:Operation Online Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5