SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

エフセキュアとCP-SOLが協業し、中小企業へのエンドポイント・セキュリティを強化


 セキュリティ運用サポートなどを手がけているクロスポイントソリューション(以下CP-SOL)は、F-Secure(以下、エフセキュア)との協業で、企業向けのサイバー攻撃の検知・対応サービスを強化する。長年、NTTグループとのセキュリティ支援事業で実績を積んできたCP-SOLとって、多くの既存ユーザーを抱えるエフセキュアのセキュリティ事業のサポートをおこなうことは、同社の事業にとって大きな柱になる。両社の協業の背景にある戦略を聞いた。

エンドポイントの検知と対応を中堅・中小企業に

 今回のCP-SOLとエフセキュアの協業の目的は2つある。1つは、エフセキュアのアンチウィルスソフトである「PSB」(プロテクション・サービス・ビジネス)を導入している既存ユーザーに対してサポートを展開し、販売代理店経由の提供体制を固めること。2つめは、CP-SOLがこれまでリーチしきれていなかった中堅・中小企業に向けてのセキュリティ事業を加速していくことである。

 両社が企業向けに提供するサービスは、EDR(Endpoint Detection & Response)──「エンドポイントの検知と対応」というもの。エンドポイントにインストールされたセンサーを通じて、不審な操作や動作を監視し、マルウェアやランサムウェアなどのサイバー攻撃を検知するソフトウェアの提供と事後対応である。

 EDRの特長としては、これまでのアンチウィルスなどがエンドポイントの「保護」を目的にしているのに対し、「サイバー攻撃を受けること」を前提にしていることだ。攻撃を受けた後で、マルウェアの検知や除去などの初動対処をスムーズに行い、被害を最小限に抑えることが目的である。これはサイバー攻撃の原因の調査や、その後のセキュリティ対策の改善にも役立つ。2013年にガートナーによって定義されたEDRソリューションだが、そのベンダーは数多くエフセキュアも代表的ベンダーの1社である。

 CP-SOLは、このEDRソリューションと、同社の元々の強みであったセキュリティ・オペレーション・センター(SOC)とインシデント発生後の対応までをパッケージとして組み合わせ、「マネージドEDR」のサービスとして、エフセキュアの顧客企業に提供していくことになる。エフセキュアではこれを「RDR 」(F-Secure Rapid Detection Response)と呼称しており、パートナーを通じてユーザ企業に提供していく。

エンドポイント運用サービス

エンドポイント運用サービス

マネージドEDR

マネージドEDR

 この事業によってCP-SOLは、エフセキュアのアンチウィルスソフトのユーザー企業をEDRへと導いていくことが可能になる。CP-SOLの代表取締役 上原恭夫氏は「EDR事業をさらに進め、ポーランドにあるエフセキュアの研究チームと連携して高度な解析サービスを提供することで、より大きな顧客の信頼も得られると考えている」と意気込みを語る。

株式会社クロスポイントソリューション 代表取締役 上原恭夫

株式会社クロスポイントソリューション 代表取締役 上原恭夫

NTTグループとのパートナリングの実績が強み

 ここまでが、今回のCP-SOLとエフセキュアの戦略的パートナリングの概要だ。次に、このサービスのコアにあるCP-SOLの強みであるSOCについて見ていく。

 CP-SOLは2007年に設立以来、セキュリティに特化したSIベンダーとして事業を展開してきたが、事業の拡大にはいくつかのマイルストーンがあった。中でも大きかったのは、2009年にNTTグループ向けのエンドポイント・セキュリティサービスである「PCマネジメントサービス」を開始し、2015年に自社製品として「MCSGLOBAL」をリリースしたことだ。さらに、NTTグループとSOCセンターを2016年に開設し、NTTからのセキュリティの運用を受託する企業となる。

 そして、2019年には東京・新川のSOCセンターにNTTのセキュリティ業務の一部を移転し、運用を行ってきた。こうしたNTTグループとの関係は、CP-SOLの代表の上原氏や他の役員などがNTTコミュニケーションズの出身であることが大きい。

次のページ
SOC第二センター

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

京部康男 (編集部)(キョウベヤスオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/12885 2020/04/27 18:52

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング