EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

マクニカネットワークス「特別オンラインセミナー」より Covid、WHOを名乗る悪性ドメインに注意を!新型コロナウィルスに便乗したフィッシング攻撃の実態

edited by Security Online   2020/04/28 11:00

 マクニカネットワークスは「情報セキュリティEXPO Web版 特別オンラインセミナー」にてセキュリティ脅威を解説している。本稿では最近急速に増えている新型コロナウィルスに関連したメール攻撃についてピックアップする。

ソーシャルエンジニアリングを駆使してクリックや添付ファイル開封を促す

 身の回りでは新型コロナウィルスの緊急事態に便乗したトラブルが増えている。通販サイトで「ペーパーマスク」という商品名でマスクのイラストが印刷した冊子が販売されていたり、マスクを送りつけたりするケースもある。SNSでは10万円の特別給付に絡めた不審なメールの注意喚起も見かける。身近な人たちが巻き込まれないように注意しておきたい。

 本稿では新型コロナウィルスに関連したメール攻撃に着目する。「マクニカネットワークス 情報セキュリティEXPO Web版 特別オンラインセミナー」にて勅使河原猛氏がフィッシングやBEC(ビジネスメール詐欺)に関する動向を解説した。

マクニカネットワークス 第1技術統括部セキュリティサービス室 主席 勅使河原 猛 氏

マクニカネットワークス株式会社 第1技術統括部セキュリティサービス室 主席 勅使河原 猛 氏

 まずは新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に関する悪性ドメインの取得数を見てみよう。攻撃者の活動が活発かどうかを推測する手がかりとなる。「COVID-19」に似たスペルの悪性ドメインの取得数に感染者数推移を重ねると、感染者数の増加に若干先行する形で悪性ドメインの取得数が伸びている。

 悪性ドメイン取得数が増加したきっかけとして考えられるのがWHOの発表だ。WHOが「COVID-19」と命名した直後とパンデミックを宣言した直後に大きく伸びている。「COVID-19」が世界中に認知されるキーワードとなったのをうけ、サイバー攻撃者らはドメインを取得したようだ。

WHOの発表とともに悪性ドメイン取得数が増加

WHOの発表とともに悪性ドメイン取得数が増加

 今のところ、新型コロナウィルスに関するメール攻撃では情報の不正窃取を目的とするフィッシングが多く観測されている。典型的なのが有名な組織や企業のふりをしてメールを送り、資格情報を窃取するサイトに誘導するというもの。Microsoft 365など有名なWebサービスを模した偽の認証画面から不正なサイトに誘導するものもある。

 勅使河原氏によるとマルウェアを使うケースでは、既知の犯罪グループ「SWEED」が使うAgentTeslaやLoki、あるいはマルウェア提供業者が販売するRemcos、NanoCore、Hawkeyeなどが使われているという。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


関連リンク

著者プロフィール

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。 Webサイト:http://emiekayama.net

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5