EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ITセキュリティ部門にしかできないこと それは「プラス・セキュリティ人材」の育成

edited by Security Online   2020/09/25 08:00

  ITセキュリティ部門は今後どのように変化していくべきかをテーマにした本連載。前回は、DX推進による企業のセキュリティ管理対象の範囲拡大に伴って、ITセキュリティ部門が「OT」部門とどのように関わっていけば良いかについて説明した。すなわち、IT/OTの専任担当者同士で、本音の話し合いを重ねることで、お互いの文化の違いを認識し、双方の考え方や技術を「学び合い」、それを対策に落としこむことが大切であることを示した。今回は、セキュリティ管理対象の拡張領域の残りである「製品・サービス」、「サプライチェーン上流」、「サプライチェーン下流」についてITセキュリティ部門がどのように関わっていけばよいのかや、「プラス・セキュリティ人材」育成の重要性について解説する。

セキュリティ人材不足の実態

 本題に入る前に、日本における「セキュリティの人材不足」について考えてみよう。セキュリティ人材について議論するときに、その前提として、日本企業におけるセキュリティ人材が大きく不足しているということがここ数年語られている。

 よく引用される経済産業省の調査では、2016年時点での日本の情報セキュリティ人材は、約28万人であり、約13万人不足しているという。また、市場の伸びに伴って、2020年時点で、実数は約37万人にまで増える見込みだが、同時に約19万人不足する見込みである(図1)。

 この19万人という数字が多いのか少ないのかはなかなかピンとこないかもしれない。例えば、日本の全漁業従事者数15万人(2019年)よりも多いといったら驚くだろうか。つまり、今の漁業従事者を全員セキュリティ人材にしたとしてもまだ足りないのである。

 また、本来必要な数に対して、30%以上も人材が不足しているというのも驚きだ。単純計算で、ITセキュリティ部門の皆さんは、その穴を埋めるために通常の1.4倍の仕事をしていることになる。「道理でITセキュリティ部門が、他の部門よりも忙しいわけだ」と思わず納得してしまうのではないか。

 しかし、この統計の詳細をよく見てみると、ユーザ企業において一番不足しているのは、実はITセキュリティ部門のセキュリティ人材(0.4万人)ではなく、「IT利活用人材」と呼ばれるIT部門以外でITを利活用するためのセキュリティ人材(12.4万人)であることがわかる。

 この「IT利活用人材」は、今回のテーマ対象である「製品・サービス」、「サプライチェーン上流」、「サプライチェーン下流」の管理に責任をもつ社内部門と重なっている。統計の捉え方としては、人材が不足しているというよりは、担当者の知識が不足しているという方が実態に近いだろう。

 

図1:情報セキュリティ人材の現状と不足状況【経済産業省 「IT 人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」(2016年8月)】
図1:情報セキュリティ人材の現状と不足状況
【経済産業省 「IT 人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」(2016年8月)】
(クリックすると拡大)

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 佐々木 弘志(ササキ ヒロシ)

    マカフィー株式会社 サイバー戦略室 シニア・セキュリティ・アドバイザー CISSP 制御システム機器の開発者として14年間従事した後、マカフィーに2012年12月に入社。産業サイバーセキュリティの文化醸成を目指し、講演、執筆等の啓発及びコンサルティングサービスを提供している。2016年5月から、経済産業省 情報セキュリティ対策専門官(非常勤)、2017年7月からは、IPA産業サイバーセキュリティセンターのサイバー技術研究室の専門委員(非常勤)として、産業サイバーセキュリティ業界の発展をサポートしている。

バックナンバー

連載:いまこそ変わるITセキュリティ部門
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5