EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2021年のフィッシング動向を予測 リモート画像の悪用やBECの発展も 2020年のフィッシング攻撃を振り返る

edited by Security Online   2021/05/28 08:00

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 伊藤 利昭(イトウ トシアキ)

    Vade Secure株式会社 カントリーマネージャー   2020年1月に就任し、日本国内におけるVade Secureのビジネスを推進する責任者です。これまで実績を重ねてきたサービスプロバイダー向けのメールフィルタリング事業の継続的な成長と、新たに企業向けのメールセキュリティを展開するにあたり、日本国内のパートナーネットワークの構築に注力しています。   1982年に國學院大學 経済学部を卒業後、日本のシステムインテグレーターにてシステム技術者、事業企画等を担当、その後外資系ソフトウェア企業に転身。スターリングソフトウェア、RSAセキュリティ、F5ネットワークスにおいてマーケティング&ビジネスディベロップメント部門を統括しました。2010年からはシトリックス・システムズにてマーケティング、ビジネスディベロップメント、アライアンス部門の統括、モビリティやクラウドなどの新規事業分野の立ち上げ、ディストリビューション部門の責任者を務めました。2017年にはPulse Secureのカントリーマネージャーとして、日本および韓国市場における販売拡大に尽力し、働き方改革、在宅勤務を推進するソリューションの浸透をパートナー企業とともに進めました。

バックナンバー

連載:フィッシング詐欺の最新動向と対策
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5