SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

ゼロからわかるメール運用虎の巻

いかにしてセキュアなメールシステムを構築するか~正しいウィルス対策の考え方

第5回

今回は、メール運用において避けて通れない課題であるウイルスについて解説していきます。

メールサーバとウイルス対策

 1999年、普及が本格化したインターネットで、Melissaとよばれるウイルス(厳密にはワーム)が発見されました。Melissaは、電子メールの添付ファイルを通じて感染し、インターネットの各所で爆発的に被害が広がりました。

 以降、メールサーバの構築や運用を考えるときには、私達は必ずウイルス対策を講じなければならなくなりました。メールサーバにとって、ウイルスが問題となるのは、次のような理由のためです。

ウイルスとメールサーバの関係
  • メールがウイルスの主要な感染源となっている
  • ワームはメールサーバにも感染する
  • ウイルスの中には、感染を広げるためメールを大量に送信するものがある
  • ネットワーク内のPCが感染し、大量にメールを送信するとメールサーバがダウンしてしまう
  • ウイルスが情報を外部へ漏洩する危険がある

 実際に、メールに対してウイルスチェックをかけるためには、いくつかの方法があります。

次のページ
ウイルスチェックの方法(ゲートウェイ型)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ゼロからわかるメール運用虎の巻連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

デージーネット 恒川 裕康(デージーネット ツネカワ ヒロヤス)

株式会社デージーネット 代表取締役。「より安全で」、「より快適で」、「より楽しい」インターネットの実現をテーマとして、クラスタシステムを使った高信頼サーバの構築、SPAM対策やウイルスチェック対策のためのソフトウェアの開発、携帯サイト向けのシステム開発など、オープンソースソフトウェアを活用した事業を展開して...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1569 2009/07/27 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング