EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

増え続けるデータと価値にギャップ 楽天がGoogle Cloudで実現したデータ活用基盤 Google Cloud Day: Digital ’22:楽天グループの導入事例

edited by DB Online   2022/05/25 08:00

 2022年4月19日〜21日に開催されたオンラインイベント「Google Cloud Day: Digital ’22」。そのオープニングを飾る基調講演「企業のDXを進めるGoogle Cloudの最新ソリューションと事例を学ぶ」では、グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 代表の平手智行氏によって最新のソリューションやサスティナビリティの取り組みが発表され、ユーザー企業のケーススタディも数多く披露された。本稿では、Google Cloudの新機能や、データ基盤をGoogle Cloudへ拡張した楽天グループ株式会社の執行役員 Cloud Platform Supervisory Department ディレクターのロヒット デワン氏の発表内容やメディア向けの質疑応答セッションにフォーカスしてレポートする。

組織が直面する「5つの課題」をGoogle Cloudが支援

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 代表 平手智行氏
グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 代表 平手智行氏

 平手氏は講演の冒頭で、DXの実現が最重要課題となっている組織が直面する5つの課題を提示し、それぞれ説明した。

(編集部作成)
資料をもとに編集部にて作成
1. 自社のデータ利活用は業界で最高レベルか

 近年、あらゆる組織がAIへの投資を増やしている一方、データドリブンな状態になっている組織は、世界では24%、国内では10%未満とされている。リーダーは組織変革を加速して、データによる速やかな意思決定を実現することが重要。平手氏は、「弊社のデータクラウドは分散データの収集から統合分析、そして機械学習の活用まで高度な即時性と汎用性でデータを統合し、組織で最大限のビジネス価値を生み出すことを可能にします。また、業界別の課題に対して実績あるソリューションを提供し、早期の効果を実現します」と話した。

2. 市場変化に即応し、競争力を維持するには何が必要か

 変化に速やかに対応するには、インフラとアプリケーションのモダナイゼーションが必要不可欠である。Google Cloudでは、オンプレミスとのハイブリッド、他社クラウドとのマルチクラウド環境、そしてネットワークエッジにも対応している。Google自身のインフラへの投資も拡大しており、2022年4月にはカナダと日本を結ぶ海底ケーブル「Topaz」を発表している。平手氏はさらに、Google Cloudのオープンなインフラは自由な選択肢を提供し、1社にロックインされることなく、あらゆるアプリケーションを実行でき、内製化の加速も支援できると強調した。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大
3. データ保護とシステムセキュリティ、そしてお客様のプライバシーは万全か

 Googleでは、高まる脅威に向け、5年で1兆円の対策投資を発表している。「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)」に登録され、ガバメントクラウドとしても選定された。リモートとハイブリッド作業環境でのセキュリティをゼロトラストで強化する「Work Safer」サービスも発表している。

4. 従業員の皆様にとって最適な働き方を提供する環境になっているか

 社内外のコラボレーションが重要となっており、これをGoogle Cloudのコラボレーションクラウドがサポートする。あらゆる場所から効率的なコラボレーションを実現するGoogle Workspaceに加え、Work Saferサービス、市民開発をサポートするローコード・ノーコード開発環境で支援する。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大
5. 世界が直面する環境問題に組織として取り組んでいるか

 最後の課題は、すべての企業経営にとって重要課題となっているサステナビリティ。平手氏は「2007年より、カーボンニュートラルを達成し、2030年までにカーボンフリーを実現するGoogle Cloudは、お客様が二酸化炭素排出量を測定、追跡報告できるカーボンフットプリントサービスを提供しています」と説明した。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 森 英信(モリ ヒデノブ)

    就職情報誌やMac雑誌の編集業務、モバイルコンテンツ制作会社勤務を経て、2005年に編集プロダクション業務やWebシステム開発事業を展開する会社・アンジーを創業。編集プロダクション業務においては、IT・HR関連の事例取材に加え、英語での海外スタートアップ取材などを手がける。独自開発のAI文字起こし・翻訳ツールなど活用した編集制作ワークフロー改善を実践中。

  • 小山 奨太(編集部)(コヤマ ショウタ)

    EnterpriseZine編集部所属。大学卒業後、製造小売業の情報システム部門で運用保守、DX推進などを経験。2021年、翔泳社に入社。

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5