SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

【特集】VMware Tanzu「モダンアプリケーションへ舵を切れ」(PR)

インフラ担当者に立ちはだかる「コンテナ運用」の壁 CI/CD自動化など、新時代の運用保守の始め方とは

コンテナの自社運用は成功体験から始めてみよう

 コンテナ環境を構築したら、次は運用と保守を軌道に乗せることが課題となる。開発と運用でどう役割分担するか、CI/CDを含めた作業の自動化をどう実現するかなどの課題解決に向けて、三井情報はコンテナの内製化支援サービスを提供している。今回は、その背景や詳細を同社の専門家に訊いた。

スモールスタートでコンテナ環境を構築できたら、次の課題は?

 クラウドやコンテナなどモダンな環境への移行状況やいかに。先進的な環境であれば大々的に導入していることは想像に難くないものの、一般的な業務システムを稼働させる環境であればどうか。三井情報(以下、MKI)ソリューション技術本部 次世代基盤第二技術部 第一技術室 室長を務める石原慎也氏はじわじわと変化の手応えを感じているという。

 これまで多くの企業がモダンな環境に移行したいと興味は持ちつつも、様々な課題を抱えて足踏みしていた。しかし最近、石原氏のもとに顧客やパートナーから「実は、うちも……」とMKIの新サービスについての問い合わせが寄せられてきているという。新サービスとは「Tanzu Kubernetes Grid簡易構築サービス」や「VMware TKG on VxRailパッケージ」。モダンな環境への移行に向けての動きが本格化している。

三井情報 ソリューション技術本部 次世代基盤第二技術部 第一技術室 室長 石原慎也氏
三井情報 ソリューション技術本部 次世代基盤第二技術部
第一技術室 室長 石原慎也氏

 多くの場合、最新環境への移行はDX推進を背景とした“アプリケーションのモダナイズ”が目的となる。仮想化環境からコンテナ環境へと移行すると、アーキテクチャが変わるため、リソースの使い方からアプリケーションのデプロイ方法まで多くの変化に対応していかなくてはならない。

 コンテナを始めたいものの「どこから着手したらいいかわからない」と戸惑う企業には、簡易構築サービスはいいきっかけとなる。スモールスタートで始められるだけではなく、将来的にクラウドベンダーにロックインされず身動きがとりやすいように「シフト(モダンな環境に)してからリフト」という段取りで進めることができるからだ。

[画像クリックで拡大]

 使える環境が構築できたら、次は運用が課題となる。MKI ソリューション技術本部 次世代基盤第二技術部 第一技術室 小林将希氏によると、運用に関する課題はいくつかの段階を経て進むという。まずは、コンテナのアーキテクチャやコンポーネントを理解するところからはじまり、自社で運用できるオペレーション体制を確立していく。導入が進むと開発環境が複数に広がるため、運用効率化にも配慮していかなくてはならない。つまり、展開のステージに応じて課題は変化していくのだ。

次のページ
開発の自由度や利便性を損ねず、運用のガバナンスを維持するには

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
【特集】VMware Tanzu「モダンアプリケーションへ舵を切れ」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

EnterpriseZine/Security Online キュレーターフリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。Webサイト:http://emiekayama.net

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/16326 2022/08/18 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング