SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press(PR)

「SASハッカソン2023」受付開始! 若手育成にもつながる世界で人気のハッカソンは何が面白いのか

チームを組んで社会課題をハックする、参加者は世界各国から

 「データは新しい石油である(Data is the new oil)」と言われて久しく、日本においてもその価値は急速に高まっている。昨今ではデジタル変革(DX)に向けて、「データドリブン」を体現するためにデータサイエンティストのような専門家はもちろん、ローコード/ノーコードツールの活用によって事業部門側でも積極的な活用が叫ばれていることはご承知の通りだろう。今後は、「ESG:(環境:Environment、社会:Social、ガバナンス:Governance)」が重要視されていく中で、データ活用によるグローバル課題解消に、社会人や学生を問わずに挑んでいく必要がある。そこで、注目を集めているのが、SAS主催のグローバルハッカソン「SAS Hackathon(SASハッカソン)」だ。

部下や若手育成のチャンス! 「新時代のハッカソン」募集開始 

 「データドリブン経営」の実現を中期経営計画などで掲げる企業が増えているように、DXの実現においてデータ活用は不可欠な存在となっている。実際に、DXに取り組む企業を取材してみても、データをいかに活用するかという点に重点が置かれており、そのための基盤整備や人材獲得、育成などの諸課題に直面しているケースも少なくない。そうした状況下で注目を集めているのがSASだ。

 SASといえば、BIやデータ統合、分析・解析といった領域をけん引するグローバル企業であり、そのソリューションを実際に使用しているユーザーも多いのではないだろうか。新たな製品や新機能のリリースはもちろん、現在同社が広く参加を呼び掛けているのが「SASハッカソン2023」と呼ばれる、グローバルで同時開催される一大イベントである。

 日本では、SAS FORUM JAPANにおいて「The Analytics Hackathon」としてSAS Viyaを用いたハッカソンが開催されたことを憶えている方もいるかもしれないが、実はグローバルでは2018年から「SASハッカソン」が開催されており、昨年は世界75ヵ国から1,300人の応募が寄せられている。

昨年開催「SASハッカソン2022」概要と振り返り

 とはいえ、「ハッカソンは、プログラマーなどが参加するイベントで関係ない」と思われた方もいるかもしれない。実は、一般的なハッカソンと「SASハッカソン2023」は趣旨や開催形式が大きく異なる。大きな違いは以下の通りだ。

  • 1ヵ月にわたり、年齢や会社の枠を越えてビジネス課題に挑戦できる
  • データ利活用に興味があれば初学者でも参加可能
  • SASが伴走することで、データスキルを高めることができる

 たとえば、長くとも5日間ほどが主流のハッカソンに対して、「SASハッカソン2023」では1ヵ月にわたりビジネス課題にチームで挑戦することになる。このとき、最低2名から最大10名までと参加人数は規定されているが、企業チームであっても学生や個人問わずに編成可能だ。つまり、10代の学生から専門家として企業・組織で活躍している社会人が、同じビジネス課題解決に向けてハッカソンに挑戦できるというユニークな仕組みとなっている。

 また、コーディングが得意というエンジニアはもちろん、データ活用に挑戦し始めたばかりという事業部門の担当者、授業や研究室でデータ分析を行っている学生など、初学者も対象となっている点も特徴的だ。もちろん、ある程度データに慣れ親しんでいるチームメンバーがいたほうがスムーズかもしれないが、SASによるメンタープログラムや「SAS Hacker's Hub」というコミュニティサポートも用意されているため、ハッカソンを通してスキルを高めることができるため安心して欲しい。

 なお、「SASハッカソン2023」公式ホームページでは、『参加すべき6つの理由』として下記が掲げられている。

  1. 仲間のコーダーとコラボレーションできる:ベテランのデータサイエンティストから初学者、SASのエキスパートなど、誰もがSAS Viya上のオープンソースを利用する環境がある
  2. 実課題へ挑戦できる:自身やチームが関心のある、ビジネス課題や人道的な課題にフォーカスを当てることができる
  3. マーケットプレイス向けにアプリケーションを開発できる:アイデアをSASで商品化するチャンスも用意
  4. 無料のイネーブルメントリソース(成果につなげるためのトレーニングなど)を利用可能:AIやクラウド、各業界向けの知見に関する無料のコーチングを活用できる
  5. プロフェッショナルとのネットワークを広げる:「SAS Hacker's Hub」で地域や国を問わずにイノベーターとつながることできる
  6. 業界のリーダーから学び、パートナーになれる:参加チームには、メンタープログラムによるガイダンスとサポートを提供

 SASというグローバル企業だからこその手厚さ、国や地域に縛られない点が魅力となっている。では、具体的にどのような課題に挑戦していくのか、スケジュールとあわせて見ていこう。

次のページ
約1ヵ月にわたり「Data for Good」実現に向けてハックする

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/17090 2022/12/19 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング