SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Day 2023 Summer レポート

「モダナイズは継続が重要」ヤフーが心がけた6つの要素、レガシーな開発環境からの脱却法

 月間のログインユーザーID数(2023年3月末時点)が約5500万人にも及ぶ日本最大級のポータルサイトであるYahoo! JAPAN。同サイトを運営するヤフーでは、開発環境のモダナイゼーションを成功させるため、テクノロジー以外のレガシー部分に切り込む必要があったという。今後はLINEとの合併もあり、より洗練されたインフラ構築を目指している。同社が取り組むモダナイゼーションとはどういったものなのか。「EnetrpriseZine Day 2023 Summer」に登壇した、同社システム統括本部クラウドプラットフォーム本部長兼サイトオペレーション本部長の吉岡圭氏が解説した。

レガシーなシステムからの脱却とモダナイゼーションへの道

 コロナ禍から、ようやく日常生活が戻りつつある。しかし、社会はそれ以前に戻ることはないようだ。ヤフーでは在宅ワークが基本となるなど、新しい生活様式へとシフトしている。また、直近ではLLM(大規模言語モデル:Large Language Models)が話題になるなど、テクノロジーの変遷は常にめまぐるしい。

 ヤフーの吉岡氏は講演冒頭、同社がモダナイゼーションに取り組む背景から説明を始めた。VUCA(Volatility:変動性、Uncertainty:不確実性、Complexity:複雑性、Ambiguity:曖昧性)と呼ばれる時代において、これからも事業危機に対応できるよう、迅速にビジネスを進めていく必要がある。そのためには変化に強い開発環境が欠かせない。また改善サイクルをスピーディに回していくためには、データドリブンなサービス開発が重要となる。

ヤフー システム統括本部 クラウドプラットフォーム本部長兼サイトオペレーション本部長 吉岡圭氏

 レガシーからの脱却にも取り組む必要がある。ヤフーはサービス開始から27年が過ぎ、2017年からモダナイゼーションに取り組んでいるものの、いまだレガシーな技術やドキュメントも残っている。レガシーをアップデートし、常に新しい環境を追い続けられる体制を作ることも欠かせない。

 開発環境をモダナイゼーションするそもそもの目的は「事業成長への貢献」だ。吉岡氏は「コストを最小限に抑えながら案件の消化速度を高め、事業の成長に貢献し、利益の最大化を目指すことをゴールとして取り組みを進めて来ました」と説明する。

 過去にも似たような取り組みはあった。たとえば、2013年にはアプリケーションライフサイクルマネジメントを目的として、パッケージのクリアオーナーシップや最新OSで動作することなどは実現できた。

 しかし「継続がうまくいきませんでした」と吉岡氏は語る。背景には「他責のマインド」「古い標準による開発効率の低下」「負債が増える習慣」などがあるとして、今回のモダナイゼーションではこうしたテクノロジー以外のレガシー要因にも切り込むことにしたという。

次のページ
テクノロジーやカルチャーをどのようにモダナイズしたか

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Day 2023 Summer レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

EnterpriseZine/Security Online キュレーターフリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。Webサイト:https://emiekayama.net

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/18007 2023/07/25 08:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング