SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Snowflake「Data Drivers Awards」受賞者インタビュー(AD)

事業急成長でデータ基盤に課題 REVISIOのキーパーソン3名に訊く「Snowflake」活用の道

データを重視するからこその選択

 REVISIOは人体認識技術による調査機器を用いたテレビ番組などの注視(視聴者の属性や質を図るための指標)データを取得・分析サービスを提供する企業。同社では事業成長にともないデータ基盤をSnowflakeに移行し、データ活用に関する課題を解消している。それらの成果に対してSnowflake主催の「DATA DRIVERS AWARDS 2023」において「Data Driver of the Year」を受賞した。そこで今回は受賞したばかりのREVISIOにおけるキーパーソン3名に取り組みの詳細について聞いた。

革新的なテレビ視聴調査が成長 裏側で挑んだデータ基盤の課題

 REVISIOは独自開発した調査機器を家庭に設置し、「誰がテレビの前にいて、どれくらい継続視聴(注視)しているのか」という新たな切り口から、AIを活用した人体認識技術によって人々のテレビの前での行動をモニタリング・分析するサービスを提供している。同社 代表取締役社長 郡谷康士 氏は、「日本人は平均で1日2.5時間テレビを視聴しています。これは人生の約10%に相当する時間です。我々はそのデータを取得・分析し、広告主や広告会社、テレビ局などの関連プレーヤーに提供することで、効果的なテレビCMや番組制作をサポートしています」と語る。

REVISIO 代表取締役社長 郡谷康士氏
REVISIO 代表取締役社長 郡谷康士氏

 これまでサービスの肝となる独自データを蓄積している基盤には、Amazon Redshiftを利用していたが、2022年12月にSnowflakeへ移行したという。データサイエンティストとしての経歴を持つ、REVISIO 執行役員の森下光之助氏は「大きく『速度・安定性・コスト』において課題を抱えており、ビジネスが拡大するにつれてデータ量はもちろん、管理が必要なサービスの種類も増加していくと計算速度が低下。データベースの状態が不安定になり、結果としてサービスを維持していくためのコストが増大するなど管理が困難になっていきました」と説明する。

 各種製品やソリューションが溢れている中、データ基盤の移行において同社が目を向けたのが「Snowflake」だ。REVISIOにおいて開発チームとデータプラットフォームチームのマネージャーを兼務するエンジニアリングマネージャー 片岡基氏は「まずはトライアルを重ねながら期待するだけのパフォーマンスが出るのか、要件を満たすことができるのかを評価していきました」と振り返る。

REVISIO エンジニアリングマネージャー 片岡基氏
REVISIO エンジニアリングマネージャー 片岡基氏

 もちろん、Snowflakeへの移行という決断を下すまでには、エンジニアチームでの長い調査だけでなく経営陣との議論もあった。

 「そもそも経営陣全体で『サービスの安定性』を大きな課題と認識していました。日々大量のデータを蓄積しており、そのデータをクライアントのニーズにあわせて処理する必要があります。事業拡大していくにつれて課題が大きくなり、サービス提供に影響を与えかねません。そうした背景の下で議論を交わしていく中、Snowflakeが課題解決に合致していると移行を決断しました」(郡谷氏)

RedshiftからSnowflakeへの移行ツールを開発 OSSとして公開も

 Snowflakeへの移行プロセスは6〜7ヵ月ほど、事前の緻密なトライアルの成果もあって順調に移行できたという。実は、この移行においてREVISIOでは、RedshiftからSnowflakeへの移行ツールを開発し、オープンソースで公開している。「実際に移行してみると想定以上に多くのナレッジを得ていることを感じました。実際にRedshiftからSnowflakeへの移行に悩む声も多く聞こえていたため、移行で得たナレッジを社会に還元し、業界全体の発展に貢献したいという思いが強くなったのです」と片岡氏。特定の人たちだけが情報を独占していてはいけないと「競争領域であっても可能な限り情報を共有し、業界全体を盛り上げていくのが当社の方針です。特にSnowflakeの活用によって、多くの人々がデータを容易に利用できるようになれば、“データ提供カンパニー”としてのREVISIOの価値も高まるなど良い連鎖が生まれます」と森下氏は強調する。

REVISIO 執行役員 森下光之助氏
REVISIO 執行役員 森下光之助氏

 なお、実際にSnowflakeへ移行した結果、前述した速度・安定性・コストという3つの課題が劇的に改善されたという。以前は日次のバッチ処理によってデータ提供ができない時間帯もあったが、今ではそのような事態も起こらなくなっている。

 「これまでエンジニアは、データ基盤が不安定な状態になった際の調整に多くの時間を費やしていましたが、その必要がなくなり、より価値のある作業に時間を割くことができるようになりました。コスト面においても約4割の削減が達成されており、他の事業投資などにリソースを振り分けられるようになっています」(森下氏)

顧客の期待に応えていく、そのためにSnowflakeを深く活用する

 こうした取り組みの成果が2023年の「Data Driver of the Year」受賞につながった。受賞について郡谷氏は「データカンパニーとして、データへの愚直なアプローチを続けている。その姿勢が評価されたことは非常に嬉しいですし、感謝しています。過去の受賞企業であるNTTドコモさんやサイバーエージェントさんに続く形で受賞でき、感慨深いですね」と語る。受賞を機に、データカンパニーとしての取り組みを加速させていくとして、Snowflakeのより深い活用も視野に入れているという。

 実際に、片岡氏が管掌するエンジニアチームではSnowflakeが買収した「Streamlit」、新機能である「External Network Access」「Snowflake connector for MySQL」などもプレビュー段階から検証してサービスに取り入れる動きを見せている。また、同社では将来的に「Snowflakeマーケットプレイス」によるデータ共有も予定しているとして、郡谷氏はREVISIOの展望を次のように描く。

 「私たちはデータがどれほどの価値を持つか、その価値を感じるお客様にどれだけ効果的に届けられるかを重要視しています。そのため、今後は多くのお客様によりビジネス価値を創出でき、事業をスケールさせられるデータを提供していくだけでなく、その活用環境も重要になってくると考えています。その際、Snowflakeの活用はもちろん、より深く協同していきたいですね」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note

提供:Snowflake Inc.

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/18434 2023/11/16 10:00

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング