SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

資格試験で学ぶシステム運用管理者入門

企業の経営戦略に必要不可欠な運用管理とは何か?

第2回

前回は、運用管理に対するニーズの高まりと、運用管理エンジニアに必要なスキルを習得する手段としての資格試験の有用性について述べた。今回からは、具体的に運用管理に必要な知識を伝授していく。まずは、運用管理の仕事と運用管理ツールについて見てみよう。

そもそもシステムの運用とは

 システムの運用とは何だろう? 私達の身のまわりには実に多くのシステムが動いている。例えば、商品在庫のチェック、顧客情報の管理、はたまた旅費の清算など日々の業務を遂行する上でシステムは必要不可欠な存在だ。その他にも、日常生活で触れるシステムを数えれば限りがない。

 システム運用とは、これらシステムを障害などで停止することなく安定的に稼働させるためのさまざまな行為を意味する。一見すると地味な行為にも思えるだろうが、このシステム運用こそ企業経営にとって重要な位置づけにあるのだ。

 いまや、システムはビジネスと不可分の関係にある。経営者は、市場での競争力を獲得するために、戦略的なシステムを競合他社に先駆けていち早く投入したいと考えている。そのために業務パッケージの導入や個別システムの独自開発を行い、それらを動かすために必要なサーバやネットワークなどを取り揃える。

 しかし、そうした経営的な狙いを達成するためには、当然のことながら導入したシステムが確実に動作することが大前提となる。システムにどれほど大枚を叩いたとしても、日によって動いたり止まったりするようでは意味がない。当たり前のようだが、システムの安定稼働は最も重要な関心事項なのである。

次のページ
システムの安定稼働に必要なこと

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
資格試験で学ぶシステム運用管理者入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

友成 文隆(トモナリ フミタカ)

株式会社日立製作所 ソフトウェア事業部にてJP1やCosminexusなどミドルウェア全般を担当。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1935 2009/10/30 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング