SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB2 Webセミナー(PR)

XML本来の優位性をRDBで活用できるDB2 pureXML

第2回

リレーショナルとXMLをネイティブに扱えるDB2 pureXML

 多くのリレーショナルデータベースではXMLが扱えるとはいえ、上記のような状況のためXMLの特長を最大限に活用しているとは言い難い。活用するにはXML形式のデータをそのまま管理できる、XMLデータベースを利用することになる。

 これならば、項目の追加やデータ構造の修正も容易に行え、さらにプログラム変更も最小限でその変更をシステムに反映させることも可能だろう。逆にXML専用データベースは、トランザクションデータの扱いは不得意。そのため、システムでXMLの柔軟性を確保したければ、現実的にはリレーショナルデータベースとXMLデータベースの2つを連携させて利用することになるのが普通だ。

 これはこれで、異なるシステムを運用し、連携させるという大きな手間がかかることになりかねない。 このような状況は、XMLが扱える機能を持つデータベースであるOracleでもSQL Serverでも同様だ。それに対し、従来のリレーショナルデータベースで無理矢理XMLデータを扱えるようにするものではなく、ネイティブにXMLを扱えるようにしたのがIBM DB2のpureXMLという機能だ(図3)。

 通常のリレーショナルデータベースのエンジンに加え、XMLを扱うための専用のエンジンとデータ格納領域を、DB2という1つのデータベースに統合してしまったのだ。 当たり前だが、リレーショナルデータベースでのXMLデータベースもどきの機能よりも、XMLデータを扱う性能は高くXMLの柔軟性を十分に発揮できる。そして、これまでのSQL技術者はSQLで、新しいタイプのXMLベースの開発者はXqueryなどを用いXMLデータをネイティブに扱うことができる。

図3:DB2のXMLデータベース機能

次のページ
成熟度が上がったいまだからこそ、製品選択に真剣に取り組むべき

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB2 Webセミナー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2289 2010/11/01 13:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング