SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB2 Webセミナー(PR)

データベースの特徴を理解し、自社に最適なデータベースを選択する

第3回

もっとデータベースを活用することを考える

 おのおのデータベースを比較し、自分たちに最適なデータベースはどれかをじっくりと評価して欲しい。とはいえ、データベースを単なるデータの入れ物的に使っているのであれば、どのデータベースを選択してもさほど差は出ないかもしれない。

 商用データベースの多くは、基本的なデータベース機能についてはすでに成熟しており、シビアな使い方をしなければ大きな差にはならないかもしれないのだ。 実際のところ、新バージョンのデータベースに搭載されている各種の便利な機能を、皆さんは一体どれくらい利用しているだろうか。多くの場合、半分の機能も利用し切れていないのではないだろうか。

 データベースを単なるデータの入れ物ではなく、データ処理をするためのエンジンと捉えると、新たな世界が見えてくるだろう。 実際、COBOLベースのプログラムで行っていたデータ集計処理を、データベース機能をうまく使ってデータベースの中で処理するよう作り変えたら、数時間かかっていたものがほんの数分で終わったなどという事例も耳にしたことがある。それだけデータベースは、強力なデータ処理エンジンを持っているということだ。

 もっとデータベースを活用するようにすれば、既存システムでもより素早い処理が可能になるかもしれない。徹底的にデータベースを使いこなすようになれば、各データベースが搭載している機能や性能がより重要なものになってくるはずだ。そうなれば、自分たちにとって各データベースの差の部分もはっきりと見えてくるようになるだろう。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB2 Webセミナー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2359 2010/11/01 13:16

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング