SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

アジャイルは絶対、そのまま導入するな!〜本当に得をしたい情報シス部門にこっそり教える導入成功の極意

アジャイル導入を推進するためのバランス感覚〜アジャイル導入 始めの一歩〜

いざ、アジャイルを始めようとしたときに大きな壁になるのが、従来のソフトウェア・エンジニアリングやマネジメント手法を重視する人々との対立。しかし、プロジェクトの成否は両者が手を取り合えるかどうかで決まるのです。

組織的なアジャイル導入には旗振り役が必要不可欠

 これまで現場が主導することの多かったアジャイル開発ですが、その効果が知られるようになってからは戦略的に導入を検討する企業も増えてきました。ただし、自然発生的ではなくトップダウンで導入する場合には、導入を牽引してくれるようなモチベーションの高いメンバーがいるとは限りません。よって、旗振り役となる人を意識的に作り出す必要があります。本記事では、アジャイル推進チームと呼びます。

 アジャイル推進チームは、経営層やプロジェクトメンバーにアジャイル開発に関する説明や教育を行います。また、企業制度や人的リソースなどにあわせて開発プロセスを立案することもありますし、実際に開発を担当するプロジェクトに支援や助言を与えることもあります。そこまで大掛かりでなくても、初めてアジャイル開発を導入する組織では、事前にその手法を学び、それを共有する役割がきっと必要でしょう。

 推進チームの人選はアジャイル開発の成否に大きく影響する要素ですから、慎重に行う必要があります。推進メンバーの調達は社内だけでまかなうケースもありますし、社外からコンサルタントを雇うケースもあるでしょう。効果的なアジャイル開発を実施するためには、どのような人選をしたらいいでしょうか? 今回はアジャイル推進チームのメンバーに求められるスキルや適性を見ていきましょう。 

アジャイル推進チームに必要な3つのスキル

 アジャイル推進チームに必要なスキルは、「アジャイル」「ソフトウェア・エンジニアリング」「マネジメント」の知識、そして経験に集約されます。ここでいうソフトウェア・エンジニアリングとは、アジャイル以前から存在しているソフトウェアの開発・運用・保守に適用するための工学的手法、マネジメントとはプロジェクトや組織の管理に関する知識や経験のことを指します。

図1:アジャイルに必要な3つのスキル
図1:アジャイルに必要な3つのスキル

 おや?と思われた方もいるかもしれません。アジャイルに関する知識や経験は当然のこととして、ソフトウェア・エンジニアリングやマネジメントのスキルがなぜ必要なのでしょうか。従来型の開発手法から脱却するためにアジャイルを導入するはずなのに、なぜ今さらと感じる気持ちは良くわかります。

 しかし、プロジェクトを成功に導くために必要な要素のうち、アジャイルがカバーできていない部分がいくつかあるのです。例えば、ソフトウェア・エンジニアリングの教科書に載っているようなプログラミング、設計技法、テスト、要件定義、開発の進め方などの知識はアジャイルでもおさえておくべきでしょう。

図2:ソフトウェア・エンジニアリングが必要な理由
図2:ソフトウェア・エンジニアリングが必要な理由

 マネジメントの知識が必要である理由も同じです。アジャイル開発はプロジェクトで必要な作業のうち「ソフトウェア開発」の部分しかカバーしていません。プロジェクトの「全体」を見て各部門/利害関係者と調整しながら開発を進めるためにはマネジメントのスキルが必要になるのです。

図3:アジャイル導入時の典型的な関係部門/利害関係者
図3:アジャイル導入時の典型的な関係部門/利害関係者

 アジャイルの専門家でも3つのスキルの重要性を認識し、すべてを兼ね備えている人はあまり多くありません。必ずしも、全てのメンバーが3つのスキルを身に付けている必要もありません。ただ、推進チームには、「アジャイル派」の人だけではなく、「マネジメント系」の人も必ず入れることをおすすめします。アジャイル推進チーム全体として必要なスキルをカバーできるような構成にしておきましょう。

 (次ページへ続く)

 

 

次のページ
バランスのとれたアジャイル導入のために

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
アジャイルは絶対、そのまま導入するな!〜本当に得をしたい情報シス部門にこっそり教える導入成功の極意連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

牛尾 剛(ウシオ ツヨシ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2568 2010/10/05 00:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング