SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

モバイル対応とソーシャル対応を強化したBIツール MicroStrategy 9.2


独立系のBI専業ベンダーであるマイクロストラテジーが、このほど同社のBIプラットフォーム最新「MicroStrategy 9.2」をリリースした。今回のバージョンアップにあわせ来日したCOOのサンジュ・バンサル氏に話を聞いた。

MicroStrategy 取締役副会長 COO Sanju K. Bansal(サンジュ・バンサル)
MicroStrategy 取締役副会長 COO Sanju K. Bansal(サンジュ・バンサル)

 マイクロストラテジーの、今回のバージョンアップのポイントは、完全にモバイルに照準をあてていることである。

 「iPhoneは今や、2003年頃のMacと同等の性能のマシンですが、それを使うビジネスユーザーが世界的規模で拡大しています。従来、人々が紙を利用し記憶していたもの、カバンやポケットに入れていたものは、すべてモバイルのアプリに吸収されると私は考えています。」とバンサル氏は語る。

 「モバイルインテリジェンス」こそが主流になると同社は考えているのだという。

 BIのダッシュボードをモバイルで参照するiPhone/iPadアプリケーションは昨年から提供していたマイクロストラテジーだが、今回のバージョンアップは、分析機能、トランザクション機能、情報開示機能と広範囲の情報機能を備え、本格的なBIツールと進化した。

MicroStrategyモバイル・インテリジェンス・アプリケーション
MicroStrategyモバイル・インテリジェンス・アプリケーション

 とくに今回は、最新バージョンの、MicroStrategy 9.2.1でモバイル・トランザクション機能が加わる。こちらについては6月にリリースされる予定である。他社のBIとの比較において、同社の強みはトランザクション処理のパフォーマンスの優位性であるという。

 また、BIプラットフォームでありながらも、コンテンツ配信(情報表示)機能を持っている。同じアプリから企業のコンテンツデータ(カタログ、Webコンテンツ、PDFなど)にアクセスし表示するビュアー機能を持つ。なぜBIプラットフォームがコンテンツ機能を併せ持つのか?「企業のエグゼクティブやマネージャが、ダッシュボードで情報を得ると同時に、カタログや資料も外出先で利用する。企業情報活用のプラットフォームとして統合されていることが必要」と述べる。

シンプルな操作でBIがビジネス部門でおこなえる
シンプルな操作でBIがビジネス部門でおこなえる

 今回の9.2のもうひとつの新機能は「Visual Insight」である。これはユーザ部門がIT部門のサポートを得なくても分析が行える機能である。分析項目のドラッグ&ドロップなどで簡単に行え、従来のBIでは得られなかった異常値の発見などが簡単におこなえる。

 またエクセルデータのアップロードによる分析も可能。

 ユーザーインターフェースはWebブラウザなので、企業は社内のSaaSとして、すべてのユーザーにVisual InsightのBI機能を提供できる。

 次にバンサル氏が紹介したのは、マイクロストラテジーのBI技術を応用し、Facebookのコンテンツから企業が求める情報を探索、照合、整理を行う「Wisdom.com」

 Facebookの「友達」のネットワークのコメントやデータをマイニングするというもの。これは企業のカスタマーサポートやマーケティング分析に活用される。現在は英語対応のみであるが、こうしたテキストマイニングの技術の応用は将来的には日本でも有効になるだろう。

 「モバイルインテリジェンスという先進的な戦略を打ち出したマイクロストラテジーが、近いうちに発表を予定しているのが、クラウドベースのインテリジェンスです。全てのBIプラットフォームをSaaS型で提供する。企業の業務分野からIT部門に頼らず、分析をアウトソーシングできる」(バンサル氏)

 モバイルインテリジェンスの次は、クラウドインテリジェンス。マイクロストラテジーの独立性を生かしたBIソリューションの進化は当面続く様子である。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3172 2011/06/01 11:31

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング