EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

007 後発だからこそ手抜きはしない - Nexus 7で見せつけられたGoogleのスゴさ

edited by DB Online   2012/09/28 00:00

我々プレスの人間のもとには毎日のように発表会やセミナーのお知らせが届くのですが、たいていは開催日の2週間くらい前に最初のメールが、そして3、4日前もしくは前日くらいにリマインドを兼ねた再送メールが送られてくるのがふつうです。ですが、なぜかグーグルの場合、どういう戦略なのかはわからないのですが、いつも発表会の開催直前に送られてくることが多く、たとえ興味深い発表であっても泣く泣く出席を諦めることもしばしば。そして先週末の9月21日金曜日午後、「Google からのお知らせ : 新製品・新サービス 記者発表会のご案内」と題したメールがワタクシの手元に送られてきました。新製品の内容にはいっさい触れられていないそのメール、発表会の開催は翌週火曜日の25日。火曜日の案内を金曜日の午後に送られても、ふつうもう予定入ってるでしょー、とスルーしかけてふと見直すと出席者のところには「Google会長 エリック・シュミット」の文字が。ええええええ、エリック・シュミットが来るの!? ちょっとちょっと、なんでもっと早く教えてくれないんですか、グーグルさん!!!

 というわけで、最初に入れていた予定を無理言ってリスケしていただき(すいません……)、先ほど発表会場のグランドハイアット東京から帰ってきました。発表された新製品はすでに米国などでリリースされているAndroidタブレットの「Nexus 7」です。エリック・シュミットにつられてのこのこ出かけただけで、実は記事を書く気はあまりなかったのですが、いざ行ってみるとタブレット市場に対するGoogleの本気度に圧倒されてしまい、やはりこれは熱が冷めないうちに記録しておくべきだろうなーと。というわけで、あまり書き慣れないガジェット系のネタですが、しばしお付き合いいただければ幸いです。

スペックもアプリも魅力的なNexus 7

 まずは、すでに多くのメディアで紹介されていますが、ざっとNexus 7のスペックなどを見ていきましょう。

 日本で発売されるのは16GBモデルです。価格は1万9,800円で、発表日の9月25日からGoogle Playから注文できるほか、10月2日からはヨドバシカメラやビックカメラ、コジマなどの店頭でも販売されます。

10月2日からは量販店の店頭でも入手可能
10月2日からは量販店の店頭でも入手可能

 Nexus 7はGoogleがその名を冠するブランド「Google Nexus」シリーズにおける最初のタブレットです。ハードはASUS製、GPUにはクアッドコア/1.2GHzののNVIDIA Tegra 3が搭載されており、キレイで速いグラフィックが実現しています。

 7インチ/1280×800の100万画素ディスプレイは傷に強いというCorningガラスで保護されています。重さは340gでこれはiPadの約半分、容易に持ち運べることを示すためか、シュミット会長は胸ポケットから出し入れして見せてくれました。

 ジャイロスコープや加速度計、NFCなどのセンサーのほか、10点認識というマルチタッチスクリーンを備え、OSにはもちろん最新の"Jelly Bean"ことAndroid 4.1が搭載されています。そして圧巻はやはり、Google Play、Google now、Gmail、Googleマップ、Chrome、YouTubeなど、Googleの各種サービスの超が付く快適な操作環境でしょう。

 GoogleのAndorid製品管理部長 ヒューゴ・バラ氏は壇上で「Googleのアプリケーション/サービスにとってこれほどパーフェクトな端末はない。すべてのアプリが最適化されている」と断言していましたが、デモを見た限り、かなり期待できるレベルに思えました。とくにGoogleマップの出来はすばらしく、"バカ日本地図市場に進出した"と揶揄されるiOS 6のマップと比較するのはさすがに申し訳ないなーという感じです。

 その他、個人的に惹かれた点としては……

 ・Google Play
 「Google Playを最大限楽しむためにデザインされた端末」とGoogleが公言するだけあって、映画やゲーム、電子書籍などのコンテンツがかなり充実しています。Google Playから購入/レンタルした書籍や映画は、Nexus 7以外のどのデバイスからでも再生可能。しおりのようにピンを立てておくことで途中からも閲覧できるというのもGoogleらしい。ゲームではスクエニの「ケイオスリングス」がもうプレイできると聞いて、ワタクシは購入意欲が一気に高まっております(笑) それはさておき、新端末を市場に投入する際にはある程度の数のコンテンツが揃っていることが重要ですが、Nexus 7とGoogle Playの場合、まずまずといったところではないでしょうか。少なくともkoboリリースのときのような残念な印象は受けませんでした。今後のラインナップ拡大に期待したいところです。

ケイオスリングスがプレイできるというだけですでに欲しくなっております…
ケイオスリングスがプレイできるというだけですでに欲しくなっております…

 ・Google now
 現在のロケーションに応じた情報を提供してくれる"リアルタイムなポータル"といった感じの「Google now」。最寄り駅の電車の発着時間や天気、おすすめショップ/レストランなどが、場所に応じて動的に紹介される機能です。

いまいる場所のおすすめスポットを地図で案内してくれるGoogle now
いまいる場所のおすすめスポットを地図で案内してくれるGoogle now

 ・音声入力
 ヒューゴさんのデモでかなり心惹かれたのがNexus 7の音声入力機能です。たとえば「ハリネズミの赤ちゃん」と音声入力すると、オンライン上のハリネズミの赤ちゃんの写真を収集し、表示します。オフラインでも入力可能なところもポイント高い。

「ハリネズミの赤ちゃんの写真」で音声検索
「ハリネズミの赤ちゃんの写真」で音声検索

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 五味明子(ゴミ アキコ)

    IT系出版社で編集者としてキャリアを積んだのち、2011年からフリーランスライターとして活動中。フィールドワークはオープンソース、クラウドコンピューティング、データアナリティクスなどエンタープライズITが中心で海外カンファレンスの取材が多い。 Twitter(@g3akk)や自身のブログでITニュースを日々発信中。北海道札幌市出身 / 東京都立大学経済学部卒

バックナンバー

連載:週刊DBオンライン 五味明子

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5